オオコノハミノウミウシ 沖縄・水納島イエローフィッシュ Phyllodesmium longicirrum (Bergh, 1905)

d0175710_21224592.jpg

1

世の中には、「なんじゃ、こりゃ」と思うものが結構ある。

例えば、オニイソメとかドロノミとか。

これも、「なんじゃ、こりゃ」属の一種かもしれない。

オオコノハウミウシ。

そもそも生き物の名前なんて、そのモノの形態や生態に適した名前が分かりやすくていい。

どこが、「木の葉」なんじゃい。

つくづく、生物分類学者の命名のセンスのなさに呆れるが、自分がいいのか、というわけでもないので、まあいいかということである。

これでかい。

15cmくらいはあったんじゃないかな。

でかすぎるのと、ソフトコーラルっぽいので、ガイドさんに指をさされても何が何だかわからなかった。

ミノウミウシの仲間で、この触手みたいのが、ミノ。

衝撃的だったので、ミノを捲って触角を探すのは失念していた。


[PR]
by 1colorbeach | 2018-06-30 21:23 | 沖縄・奄美の生き物(6)

ホームグランドである葉山の海などで出会った生き物を紹介します。


by 1colorbeach
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31