コールマンウミウシ 水納島第二ケーブル(灯台沖) Chromodoris colemani Rudman, 1982

d0175710_23033170.jpg

沖縄でみられる極めて普通種であるウミウシだ。

キャンプ道具の中で見つかったウミウシではなく、オーストラリアのコールマンさんという学者さんの名前が付いている。

外套膜の縁が細い白線、その内側が黄色線。

体表のベースは水色で、黒い縦線が3本以上入っている。

触角と二次鰓は橙色。

これと似ているウミウシって結構いて、いまだに区別があまりつかない。

アンナウミウシ、シライトウミウシ、シボリイロウミウシ、タイヘイヨウイロウミウシ、キベリクロスジウミウシなどなど。

本当に別種?


[PR]
by 1colorbeach | 2018-03-16 23:04 | 沖縄・奄美の生き物(4)

ホームグランドである葉山の海などで出会った生き物を紹介します。


by 1colorbeach
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30