サビウライロウミウシ 沖縄 水納島 で出逢ったウミウシ その1

昨年、沖縄本島本部半島の沖に浮かぶ水納島に行ってきた。

そこで出逢ったウミウシをご紹介します。



d0175710_00160229.jpg



1

和歌山県串本海中公園のサンゴの死骸でできた白い浜が、錆浦海岸といい、ここが模式産地である。

「錆(さび)」とは地元の言葉で、テーブルサンゴのことらしい。

色合いから、ずっと錆色ウミウシだと思っていた。

そう言えば、キイロイボウミウシのことも、ずっとキイボウミウシだと思っていた。

実はウミウシには愛がないのかもしれない。

これは、砂地の中の根の穴の中にいたのを見つけた。

ウミウシって、よくこんな緊張感あるカッコしているんだよね。

どこかへ移動しようとしてビョーンと伸びているが、着地先がないことが哀れをさそう。


[PR]
by 1colorbeach | 2018-01-22 00:16

ホームグランドである葉山の海などで出会った生き物を紹介します。


by 1colorbeach
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30