イボヤギ 葉山権太郎岩右沖 Tubastraea foulkneri

1

d0175710_00065808.jpg

明けましておめでとうございます。
マニアックなブログですが、本年もよろしくお願いいたします。
では、新年を飾り、綺麗なところから。

お花のようだが、花ではない。

イソギンチャクのようでイソギンチャクではない。

しかしてその正体はイボヤギである。

イボとヤギなんて、美しい名前ではないが、綺麗だ。

ちゃんと骨格がある、キサンゴ科に属するサンゴの仲間である。

確かに、潮の動いていないときは縮こまってイボのようである。

これが名前の由来か。

ひとたび潮が動き出すと、このようにポリプの花が開く。

そして、潮の流れに漂うプランクトンを食べる。

これにウミウシやら甲殻類が共生していることがある。

葉山ではまだ見つけていない。

探し方が悪いのかな。

分布は相模湾以南。

2

d0175710_00064670.jpg




3

d0175710_00063825.jpg

これがポリプの開いていない状態。

イボヤギ、分る気もする。
イソカサゴが可愛い。


[PR]
by 1colorbeach | 2018-01-01 00:11

ホームグランドである葉山の海などで出会った生き物を紹介します。


by 1colorbeach
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28