シラユキモドキ 葉山 権太郎岩 Noumea subnivalis Baba, 1987

以前、シラユキウミウシの話はした。
眠れる森の美女と混同していたヤツだった。

で、さらに、こういうウミウシもいる。



1
d0175710_2052628.jpg
シラユキモドキ。
シラユキモドキもシラユキウミウシも、地色は同じsnow white だ。
しかし、シラユキモドキは、背面は真っ白で縁取りはオレンジ色、触角の上半分が赤紫、二次鰓もまっ白で実に上品だ。
これに対し、シラキウミウシは、背面にはオレンジ色っぽい斑紋が点在して(いると言われている)おり、縁取りは黄色、触角の上半分はオレンジ色、二次鰓の先端にもオレンジがかかっている。
純白さや綺麗さから言えば、モドキが本来のシラユキウミウシでも良かったと思う。



2
d0175710_20521567.jpg
これがシラユキウミウシ。



3
d0175710_2052313.jpg
しかし、これもシラユキモドキだが、背面にオレンジ色の斑紋があるではないか。
斑紋による識別はちょっと違うようだ。
一応、ゴミではないとは思う。



4
d0175710_20524115.jpg
福笑いみたいだが。
[PR]
by 1colorbeach | 2012-11-10 20:55 | ウミウシ (60)

ホームグランドである葉山の海などで出会った生き物を紹介します。


by 1colorbeach
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31