ドロノミ 大瀬崎 門下

1

d0175710_23460092.jpg

ドロノミが好き!!!

とか言ってると変態だと言われることに大きな抵抗を感じる今日この頃である。

しかし、そう言われる毎に、若干快感すら感じつつある今日この頃でもあるが。

確かに、そんな変な生き物、そもそもメジャーじゃないしゴミみたいに小さいし名前もエンガチョだし、とか思われているのかもしれない。

幼児から後期高齢者までくまなく愛されているクマノミに、語感だって似ているではないか。

色が綺麗なやつが多いではないか。

形が昆虫に似ていて幼い頃から親しんでいるような感覚になるではないか。

でも、生き物観察の世界では変態"らしいのだ。






d0175710_23460659.jpg
ドロノミは、甲殻類で、ヨコエビの仲間である。
どうも親近感が沸くと思ったら、僕と同じ短脚目だった。

もとい端脚目であった。

葉山にも結構いるとは思うがチャンと探したことはない。

今度、ドロノミ一本勝負ダイビングをやってみるか。

本当に変態だ。

確かに、写真を写している自分のかっこは、対象が細かいため、ワンワンスタイルになりお尻を後ろに突き出して肘を固定し頭を下げるという、安定的な正しく変態スタイルかもしれないが、こうしないとなかなか上手く撮れないから仕方ない。
お前はドロノミというより、ただのサケノミだな、とも言われている。






3

d0175710_23461595.jpg


[PR]

by 1colorbeach | 2017-06-25 23:50 | 伊豆・伊豆諸島の生き物 (5)

アカオビハナダイ 大瀬崎湾内 Pseudanthias rubrizonatus

1
d0175710_21325997.jpg

最近、大瀬崎が多い。
葉山は、駐車場が夏料金の上、週末にコンディションが悪い。

で、大瀬崎の湾内左側でウミウシを探していたら、こんなのがいた。
アカオビハナダイのオスである。
特徴は、体の赤いサロンパスみたいな帯だ。
メスにはコレがなく、尾びれの先っぽが赤くなる程度である。
大瀬崎の先端の水深30mくらいのところでは、よく見かける。
しかし、なんと、これは湾内左側の水深7m。
ネンブツダイやキンギョハナダイに混じって、この子が泳いでいるではないか。
先端から、こんなに浅いところに迷い込んできたのかな、と思った。
ということで、石をひっくり返すのが専門の僕も、思わず撮影してしまった一枚。


2
d0175710_2130108.jpg
1
|390#]
[PR]

by 1colorbeach | 2016-08-28 21:25 | 伊豆・伊豆諸島の生き物 (5)

リュウグウノツカイ ? サケガシラ ? 大瀬崎 湾内 

1
d0175710_20182250.jpg
結局はサケガシラの一種ではないかということになった。

ナイトで大瀬の湾内をタラタラ泳いで砂地に向っていた。
途中、ライトに照らし出されたのは銀色に光る魚だった。
おっ、タチウオだ、と思ったが、どうも様子が違う。

これ、興奮してあわててシャッターを切ったもの。
背鰭や胸鰭や尾鰭が写っていない。
頭と胴体だけだ。
灯りで照らして、シャッターを炊かないで撮る方法でやれば良かった。
しかし、それどころではなかったのだ。
リュウグウノツカイだと信じて疑わなかった僕の指は震えていて頭は大混乱だったのである。
危機管理能力に欠けている。


2
d0175710_20183164.jpg
これは頭部と眼、そして寝癖のように跳ねたのは腹鰭、右のほうに長く糸のようにたなびいているのは尾鰭。
写真を見るとショボイが、実物は実に美しかった。
暗闇にボワーッと浮かび上がった魚体はこの世のものとは思えないほど美しかった。
このときばかりは、女体より魚体の方が好きだと思った。
しかし、写真を撮ろうとして灯りを向けると真正面から近づいてくる。
横に移動しようとしても必ず垂直に頭を光のほうに向けてくる。
ライトを消したら暗くて見えない。
追って横を向かせようとしているうちにどこかへフラフラッと泳いで行ってしまった。
後悔だけが残った。

僕の持っている図鑑に照らしても、リユウグウノツカイでもサケガシラでもないように思える。
でも、いまだに心のどこかにリュウグウノツカイではなかったのかとも思っている。
いずれにしても深海性か沖合いの中層に生息する魚だ。
大地震が来ないことだけを祈っている。

大瀬マリンサービスのブログ
[PR]

by 1colorbeach | 2012-10-24 20:23 | 魚 (89)

カクレエビ亜科の一種  Pontoniinae sp. 大瀬崎 湾内右

d0175710_22113877.jpg

大瀬崎にヤドカリに付いているイソギンチャクにさらに付いているエビがいるというので、かわちゃんに案内をしてもらった。
湾内の砂地だ。
ソメンヤドカリに付いたイソギンチャクにいた。
しかし、広い砂地の一箇所にずっと定着しているヤドカリも凄い驚き。


d0175710_22102113.jpg

一応、一個体の写真だが、もう一個体は隠れてしまい多分雌雄か。
赤と白の対照がとても綺麗だ。
顔はちょっとバルタン星人だが。

分類学的にはまだ位置づけがはっきりしていないらしい。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-04-19 22:12 | 伊豆・伊豆諸島の生き物 (5)

ハナデンシャ 大瀬崎  Kalinga ornata (Alder & Hancock, 1864)

ついにやってしまいました。
といっても、酔っ払った威勢でストリップ劇場にて花電車で遊んだわけではない。
都電荒川線のようなチンチン電車にエレクトリカルパレードみたいな電飾や装飾をくっつけて走る、レトロな花電車に乗ったわけでもない。
幻のウミウシと言われているハナデンシャに出会ってしまったのである。
ウミウシダイバーなら一度は見たいと思っている超レアモノだ。

d0175710_094739.jpg

場所は西伊豆大瀬崎。
ショップは、指折りのウミウシガイドである「海の案内人 ちびすけ」だ。
大瀬崎でもセルフは楽しめるが、やはり旬のものや見たい生き物があるならここにお願いしている。

このハナデンシャ、大きさは5cmくらいか。
楕円形の体に朱だの白だののボツボツが。
このボツボツの鮮やかさをレトロな花電車に例えて、名前がハナデンシャという。

d0175710_095943.jpg

これは、後ろから鰓を撮ってみた。
さすが、スターライトパレード仕様の星型である。

ハナデンシャは、日本では本州中部以南に生息し、西太平洋からインドまでを分布しているようだ。
このウミウシは刺激を与えると発光するとのことで、ちょいと遊んでみたが昼だったのでイマイチ分からなかった。
レアだけあって、生態もよくわかっていない。

d0175710_011132.jpg

よく見ると、触角が黄色で、その根元は朱色。
吻のような部分には、フサフサが。
通常は砂に潜っているようで、このときもこのフサで砂を掘って潜ろうとしていた。

ハナデンシャは葉山でも何度か見つかっている。
磯探索のお仲間kouchaとpawさんのこんなのとか。
たまたま見つけたそんなのとか。

一度見られればいいやと思っていたが、人間とは欲深いものだ。
葉山でもいつか見つけられたらいいなと思っている。
しかし、発見される時はだいだいフラフラ浮いているようで、どうも出会い頭を期待するしかないかな。
ちなみに、くじ運は昔から弱く、胸ときめくような出会いにも縁がない。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-03-07 00:16 | 伊豆・伊豆諸島の生き物 (5)