タグ:ヒラムシ ( 16 ) タグの人気記事

ツノヒラムシ?オオツノヒラムシ? (チータ柄) 葉山 権太楼岩

d0175710_23504765.jpg
1

ヒョウ柄のヒラムシだ、と思った。

ヒョウ柄、と聞いただけで、ソソル人がいる。

昔、高橋留美子の「うる星やつら」という漫画があった。

ヒョウ柄といえば、その主人公で世界一の浮気男である「諸星あたる」を慕う鬼型宇宙人の娘、「ラムちゃん」のビキニは、ずっとヒョウ柄であると思い込んでいた。

ラムちゃんを雑誌か何かで見かけて、「え゛っ、ビキニは虎縞だっけ、間違いじゃん」と驚いたのはつい最近のことであった。

どうも、水着というと「ヒョウ柄」という固定観念にとらわれている自分を反省した。

また、ヒョウ柄、と聞いただけで、ソソル人は自分であることも反省した。

更に、反省ついでに、この柄をヒョウ柄だとずっと思いこんでいたが、よく見るとヒョウ柄には「C」とか「O」とか「こ」などに文字に似たのが混じっている。

従って、このヒラムシは、どちらかと言えば、「チータ柄」のが正しかろう。

これも思い込みだった。

このヒラムシ、割と葉山では出会う機会が多い。

石の下にいて、「おっ、ヒョウ柄ちゃん」なんて喜んでいたのだった。

オオツノヒラムシかと思ったが、触角(ツノ)が見当たらない

黒い二つのポチは、眼点かと思うし。

まあ、どっちでもいいか。


で、漫画での勘違いの別の話だ。

昔テレビの「巨人の星」の出だしで、「飛雄馬」がグランド整備用のローラーを引く場面があった。

そこにテーマソングが流れる。

「おもぉい~こんだぁーらー、試練の道ぃを~♪」

で、ローラーのことを「重い梱俵(こんだわら?)」だと思ってたやつが、同級生の中に何人かいたことを、最近出席したクラス会で知った。


[PR]

by 1colorbeach | 2017-12-09 23:57 | その他の葉山の海の生き物 (46)

ウスヒラムシ その2 葉山権太郎岩  Notoplana humilis

1

d0175710_23212826.jpg


前に、ウスヒラムシを紹介した。扁形動物門に属する変な生き物だ。

葉山にもどこにも、転石の下などに無数に普通にいる。

体色は白いのが一般的だが、食物によって異なるらしい。

今日はお日和もよろしく、紅白での登場となった。

めでたい。

白と言うより、茶褐色?






2

d0175710_23213459.jpg


このヒラムシ、ゴマ粒のような眼がかわいい。

これは、ものを見る眼というよりも、下等な無脊椎動物が光を感知する器官で眼点という。

実は、ずっとウスヒラムシの眼の「点は一つ」と思い込んでいた。

しかし、この眼は、小さな点である視細胞の集まりで構成されているのだ。






3

d0175710_23214259.jpg


これ見て納得。


[PR]

by 1colorbeach | 2017-07-29 23:24 | その他の葉山の海の生き物 (46)

ニセツノヒラムシの一種 ヒラムシ10 葉山権太郎岩  Pseudoceros sp.

1
d0175710_2371588.jpg

このヒラムシは割りと葉山では見かけることが多い。
石の下などに潜んでいる。
体をドレスのようにヒラヒラと波打ちながら、這ったり泳いだりして移動する。
歩み?は結構高速。
舞う姿はとても綺麗だ。
名前の由来は、体の先っぽのヒラヒラを、ツノのように丸めるので「ニセツノ」か。
なぜツノを作るのだろうか。
ツノヒラムシというのもいるので、ツノのあるメリットって何なんだろうと思う。
ヒラムシは、儲からない生き物のためか、専門でやる人がいなくて分類が進んでいない。
従って、名なしが多い。
生活に困らない誰かが、ちゃんと分類やってくれないかな。




2
d0175710_2372569.jpg

1
このヒラムシは割りと葉山では見かけることが多い。
石の下などに潜んでいる。
体をドレスのようにヒラヒラと波打ちながら、這ったり泳いだりして移動する。
歩み?は結構高速。
舞う姿はとても綺麗だ。
名前の由来は、体の先っぽのヒラヒラを、ツノのように丸めるので「ニセツノ」か。
なぜツノを作るのだろうか。
ツノヒラムシというのもいるので、ツノのあるメリットって何なんだろうと思う。
ヒラムシは、儲からない生き物のためか、専門でやる人がいなくて分類が進んでいない。
従って、名なしが多い。
生活に困らない誰かが、ちゃんと分類やってくれないかな。




2
[PR]

by 1colorbeach | 2017-02-03 23:09 | その他の葉山の海の生き物 (46)

クロスジニセツノヒラムシの一種 葉山 権太郎岩の水路 Pseudobiceros sp.

1
d0175710_21381412.jpg

こういうのが見つかるのはたいてい石の下だ。
ヒラムシは、魚に好かれるせいなのか、ウミウシのように大胆に表に出てこない。
一度、石を引っ繰り返したとたんに舞い上がったヒラムシを、ベラがバクッとやったことがトラウマになっている。
それ以来、石を引っ繰り返すのは慎重だ。
これは、葉山の沖に通じる権太郎岩の右側の水路で見つけた。





2
d0175710_21382675.jpg

体は楕円形。乳色の背面に黒いポツポツとした点が散在する。
縁は、外側が朱で、内側が蒼黒か。
図鑑で見ると、沖縄などにいるこの種は、朱がもう少しきれいな赤だった。
沖縄では割とレアだそうである。
葉山で見つけたのは二度目。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-07-08 21:40 | その他の葉山の海の生き物 (46)

ヒラムシ9 葉山 オーバーハング沖

1
d0175710_22213388.jpg

葉山沖のオーバーハングになった大岩に囲まれた石の下にいた。
何気に石を捲ったら、あっと驚く派手さだな。
久々にヒラムシの美人さん発見。
ここのところ、地味かみすぼらしいのが多かった気がする。
グリングリンとしたルビー色の渦を巻くような紋様が美しい。
ちゃんとツノもある。
美人は怒らせたら怖い。




2
d0175710_22214551.jpg

泳ぐというかくねらせるというか身悶えるというか、表現力が乏しいので、何とも言
えないのだが、こうしないと這う以外は移動はできない。
フラメンコダンサーのスカートの襞のようだ。
舞い姿。
やはり美人は画になる…とは思う。
セクシーと見るかは趣味の問題か。




3
d0175710_2222535.jpg

これ、裏側。
けして、指示棒とかで弄んだのではない。
ヒラムシとは言ったもんだ。
本当にヒラヒラなので、捕食のために貝の中にもぐりこむのも容易だ。
美人のスカートは捲ってはいけない。



4
d0175710_22222652.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2016-03-05 22:28 | その他の葉山の海の生き物 (46)

オオツノヒラムシ 葉山190度の根 Planocera multitentaculata Kato, 1944


1
d0175710_18202581.jpg

葉山は190度の根の沖水深10m。
石を引っくり返していたら出てきた。
おーっ、ツノヒラムシの仲間か。
と思ったら、何とツノが4本2組あるではないか。
初めて見たので、こりゃレア物と勝手に興奮していた。

しかし、オオツノヒラムシという立派な名前がついていた。
数組のツノがあるのが特徴で、磯では、よく目にする普通種だそうだ。
ちょっとショボン。


2
d0175710_18203898.jpg

ちなみに、上記の隣にいたこいつは、ツノが8本4組。
二人の間にできた子供は、さて何本だろうか。
メンデルさんの世界である。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-01-30 18:24 | その他の葉山の海の生き物 (46)

シシイロニセツノヒラムシ 葉山 権太郎岩 Pseudoceros memoralis

1
d0175710_19593987.jpg


いわゆるシミチョロヒラムシと言われ続けていたやつである。
近年、やっと和名が付いたようだ。
シシイロニセツノヒラムシとは。
なんだか、喜劇からシリアスなドラマに急に変わった俳優のような違和感。
シシイロとは宍色と書き、穴色ではない。
日本の伝統色であるらしい。
宍戸錠という、ホッペが紙うさぎ人形ロペに出て来るあきら先輩のような俳優さんがいた。
宍戸開のお父さんか。
確かに、シリアスなドラマ向きだが、喜劇もこなせたような印象がある。
「宍」の意味は獣類の肉のことらしい。
従って、「穴色」は薄いピンクか肌色に該当する。
そして、周りのヒラヒラの頭部?を角のように似せるので、ニセツノ。





2
d0175710_19595340.jpg


このヒラムシ、葉山ではわりとよく見かける。
季節もだいたい一年を通している。
大抵、シミチョロか、ということで、無視されるヒラムシの一つである。

でも、日本の伝統色というのは本当にたくさんある。
これら微妙な違いに、日本人の感性の鋭敏さと豊かさを感じる。
素晴らしきかな日本文化と日本人。
ヒラムシの名前に、宍色とつけたことには若干抵抗はあるが。






3
d0175710_2001552.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2014-07-27 20:02 | その他の葉山の海の生き物 (46)

エウリレプタ科の一種 4 (Euryleptid sp.4) ヒラムシ 8   葉山  権太郎岩

1
d0175710_19592693.jpg


石の下のヒラムシ探しはすっかり僕のダイビングの定番である。
石を引っくり返す時に、うっかり手首をひねってしまい、ドライスーツの水没なんていうことはザラだ。
やっとウエットスーツの季節になった。
10月までの短い期間だが、肌に水の感覚を楽しもう。
しかし、石めくりは、オッとかいうのが一種か二種は出て来る。
これも、オッである。

ツノヒラムシの仲間なんだろうけど、干瓢をお茶で煮〆たような何とも言えない色合いとシックな黒い縁取りがいい。
気持ち悪いか美しいかは評価の分かれるところだが、たぶん多くの人は後者だという。
可哀そうなやつ、ヒラムシ。
でも、好きだな。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-06-27 20:01 | その他の葉山の海の生き物 (46)

ウスヒラムシ 葉山 浅瀬  Notoplana humilis (Stimpson, 1857)

プラナリアという、扁形動物門に属する生き物がいる。
理科で習った人もいるかもしれないが、切っても切っても再生するトカゲのしっぽみたいな、角頭の扁平な不思議な生き物だ。
親子の縁みたいなもんだ。
ヒラムシも同じ扁形動物門に属しており、腸が三つか沢山あるかくらいの違いくらいで、姿形もこれに良く似ているのが多い。




1
d0175710_21353891.jpg


ウスヒラムシである。
ヒラムシの中で一番プラナリアに似ているのはこれだろうか。
なぜなら、どちらも色白でゴマ粒より小さな可愛い眼がある。
「どういうわけか、薄子は姉ちゃんの平子よりも、従妹の富良奈ちゃんにそっくりだのう」というようなもんじゃ。
だから属名も「Notoplana…でも富良奈ちゃんじゃない…」って、オヤジギャグですので。

一度、一つの石の裏に五万といて驚いたこともある。
これが、石を捲ると同時に一斉に高速でアチコチに逃げていくのだ。
右往左往。
壮観だが気持ちも悪かった。
しかし、一個体ごとでは実に愛敬のある可愛い生き物だ。
これ、15mmくらい。




2
d0175710_21354941.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2014-02-09 21:39 | その他の葉山の海の生き物 (46)

ヒラムシ 7 葉山 権太郎岩

1
d0175710_0153563.jpg


台風が来ると、大荒れになる葉山。
石はゴロンゴロンと引っくり返り、壁の付着物は一掃される。
時には地形さえも変わってしまう。
台風の去った後の葉山は、魚以外はあまり生き物の匂いがしない。
しばらくは、コケムシなどが付くのを待つしかない。
そんな中で出会ったのがこれだ。
ヒラムシ。



2
d0175710_0154530.jpg


台風でけっこうサッパリとした壁を見つめていると、岩の亀裂のところに挟まっていた。
指示棒でチョコンと触れると動き出した。
壁の中に潜って台風をやり過ごしていたのが、出てきたのか。
これ、南のほうにいる「フジナミウミウシ」にデザインが似ている。
お得意の擬態か。
葉山にはフジナミウミウシはいないから、台風で流されてきたのだろう。
どのような旅をしてきたのか想像力が膨らむ。




3
d0175710_015565.jpg


昨日の葉山。
水面を雨が叩きつける。
あんな大雨のときに海に行くのも酔狂ではあるが、週末ダイバーの悲しさ。
土日を逃すと一週間潜れない。
でも、水色は良く、外と比べ海の中は穏やかだった。

また、27号がやってくる。
大島が心配だ。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-10-21 00:18 | その他の葉山の海の生き物 (46)