ナマコの一種 葉山沖

1
d0175710_2321471.jpg

今日の葉山は、そろそろ春らしく、ところによって透視度の悪いところはあったが、おおむね10m以上は見えていた。
快適に沖を泳いで行ったのだが、砂地一帯にこんなのが生えていた。
かなり広範に及んでおり、葉山沖砂地は"これだらけ"と言っても過言ではなかった。
幻想的ではあるが。



2
d0175710_23211551.jpg

じつは、これ、ナマコの仲間である。
名前は分らない。
ナマコというと、酢の物のコリコリとした味わいと香りを思い浮かべるが、こればかりではなく、日本には200種以上いると言われている。
で、これは触手を持った樹手目に属するナマコらしい。



3
d0175710_2321263.jpg

単体だとこんな感じ。
植物のようだし、刺胞動物のようにも見える。
しかし、ナマコなんだと。
土地の漁師さんが、これが増えると魚が獲れないと言ってるらしいが、葉山しおさい博物館の倉持さんによると、魚の嫌がる溶血物質を放出するナマコの仲間がいるそうだ。



4
d0175710_23213643.jpg

今日はこんなのも石の下にたくさんいた。
ナマコ大発生中。
[PR]

by 1colorbeach | 2017-02-26 23:41 | その他の葉山の海の生き物 (46)

アカナマコ 葉山  Stichopus japonicus

1
d0175710_12321752.jpg


葉山の海にアチコチおちているものの一つにアカナマコがいる。
落ちているというと語弊があるな。
あちこちにいる。
一生懸命に岩に張り付いた海草などを剥ぎ取って食べている。
海草よりも一緒に食べてしまう砂の量の方がはるかに多いそうだ。
浅いところから深いところまで至る所にいる。
海鼠酢 大好物なんだよな。

ある日、沖を泳いでいたらやけに不安定なアカナマコに出会った。
男の岩がオシッコをしようとしているところではない。
表現が貧しくすまん。




2
d0175710_12322682.jpg


見ていると体長が長くなった。
伸びて縮んで移動する生き物なので当然なんだが、どこかに着地できそうなところを探しているようだ。




3
d0175710_12323654.jpg


そしたらこんなに伸びた。
まだ、持ちこたえている。
しぶとさに感心していたらポトンと落ちた。
本人の名誉のためにその写真は割愛した。




4
d0175710_12214381.jpg


これ、ナマコの子。
時々極小さいのに出会うとウミウシと間違える。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-12-08 12:24 | その他の葉山の海の生き物 (46)