タグ:ウミウシ ( 60 ) タグの人気記事

初夏の葉山のウミウシたち 葉山 権太郎岩

1センヒメウミウシ

d0175710_22114405.jpg






2
サラサウミウシ

d0175710_22115847.jpg






3オトメウミウシ

d0175710_22120738.jpg


先週、葉山で大発生していた三種のウミウシだ。

権太郎岩の壁はこれらウミウシだらけ。

センヒメとサラサは綺麗だけど、オトメは、何でか犬を連想して、乙女って感じじゃないかな。

今、葉山の海の中は初夏の彩りに包まれている。





4

d0175710_22121234.jpg


特に夏の風物詩。

リュウモンイロウミウシ。
青のストライプが涼しげだ。



5

d0175710_22122133.jpg

葉山のしおさい博物館で、
627日(火曜日)から109(月曜日)までの期間、企画展示「相模湾のウミウシ」を開催しています。

海の宝石に例えられるウミウシの多様性と相模湾での研究史をお楽しみください。


問い合わせ

しおさい博物館 電話 046-876-1155



[PR]

by 1colorbeach | 2017-07-08 22:19 | ウミウシ (57)

リュウグウウミウシ  葉山浅瀬 Roboastra gracilis(Bergh,1877)

1

d0175710_22131090.jpg

夏になると、葉山の浅瀬で時折見かけるウミウシである。

黒の下地に、黄色い縦線。

逆かもしれない。()

葉山ではこのパターンだが、下地が紺色で縦縞が橙色というのも、伊豆七島や沖縄でよく見かける。

この縞には小さい穴があって、刺激を受けるとそこから液体を出すらしい。
液体の内容は、威嚇のものか気持ち良いものなのかは寡聞にして不明。

西太平洋熱帯域に分布。






2

d0175710_22132126.jpg

これは、オトメウミウシとのツーショット。

石をめくったらこれらがいた。

普通こんなところにいないのだろうが。

食べるわけではないのだろうが、近づいて来ている。

乙女のピンチ。

ペッパー警部ではない。






3

d0175710_22133107.jpg

これは伊豆七島の式根島で出遭った。

確かに、紺色橙色だなあ。


[PR]

by 1colorbeach | 2017-05-08 22:17 | ウミウシ (57)

チシオウミウシ 葉山オーバーハング Aldisa cooperi  Robilliard & Baba, 1972

1
d0175710_23531984.jpg



毎日寒いなあ。
昔マンションに住んでいたころは、冬でもめったに暖房を入れることはなかったし、暖かい日はTシャツ一枚でも快適だった。
しかし、3年前に一戸建てに引っ越してからは、冬は本当に寒い。
室内でも厚い下着のシャツとタイツと靴下が離せなくなった。
年取ると、血行も悪いしな。
完全リタイヤしたら、家売っぱらって、沖縄にでも越すかな。
ゴーヤチャンプルと熱帯魚の御造りの日々。
墓はどうしよう。

早く春にならないかな。
で、春になると葉山で結構見かけるウミウシがこれ。
若きチシオウミウシ。
昔予科練にいたやつだ。
嘘であるが、古いな。

僕は軍歌が結構好きでよく風呂で歌っている。
死んだ父が、陸軍で満州にいて、晩酌しながら酔っては軍歌を歌っていた。
それだけならいいんだが、隣にいると左手で杯、右手で僕の太腿を平手でたたく癖があって、よく逃げ出した。
軍歌を聴くとそのことを思い出す。

で、チシオウミウシは、楕円に変形したお椀のような形をしたブツブツのあるウミウシだ。
色は橙か赤で、触角や鰓も同色とのこと。
違うじゃん、これ。
橙の体色に触角は赤だ。
でも、形状は明らかにチシオウミウシ。
まあ、いいか。
ちなみに、下のが正調か。
背中の黒いほくろがセクシーで、チャームポイントだ。

2
d0175710_23525313.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2017-01-22 23:59 | ウミウシ (57)

ミスガイ  Hydatina physis (Linnaeus, 1758) 葉山オーバーハング

1
d0175710_2258187.jpg


僕が、このウミウシと出会ったのは、もう何十年も前、学生の頃だ。
三浦半島は三戸浜の磯で遊んでいて、ふと水の中を見るとユラユラとピンクの羽衣が漂っている。
その美しさと言ったら表現のしようもないくらいで、初めての出遭いで見惚れてしまった。
天女様が海の中に舞っている姿に、恋してしまった。
まあ、たまたま波か何かに煽られて飛ばされたのだが、この出会いは衝撃的だった。

ダイビングを始めてから、砂地や下が砂地のゴロタ場でしばしば見かけるウミウシだが、やはり、その時はうれしい。
殻を背負ったウミウシで、この縞模様が簾(すだれ)のようなので、丁寧に言って「御簾(みす)」。
貝なので、御簾貝(ミスガイ)。
失敗ばかりして、「また、ミスかい」と怒られてばかりいたのは若き日の務め人の僕だ。

最近、ミスガイを見かけてないな。
おーっ、I miss you.
恋は儚い。
[PR]

by 1colorbeach | 2017-01-15 22:59 | ウミウシ (57)

ベッコウヒカリウミウシ Plocamopherus imperialis Angas, 1864

1
d0175710_2227655.jpg

光るウミウシと言われている。
10万ボルトォ~
ピカチューではない。
そもそもそんな和名のウミウシはいない(通称はいると思われる。)。
見たことがないので、何とも言えないんだが。
名前の通り、べっ甲色で光る(らしい)んでベッコウヒカリウミウシ。
ピンクの突起物が発光器なのだ。

このウミウシは夜行性なのだが、昼間に僕は石を引っ繰り返して見つける。
惰眠をむさぼっている君には悪いことをした、許せ。
葉山ではナイトダイビングはできないので、出遇うのはいつも昼間だ。
このウミウシ、下が砂地の水深5~10mの石の下に隠れているのをよく見つける。
ぜひ、一度夜見てみたい。
ご覧の通り、これはかなり美人のベッコウヒカリウミウシ。
昼間で美人なら、夜はさぞかし…。




2
d0175710_2237613.jpg

ちなみにこういう地味なのもいる。
環境かな。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-08-22 22:38 | ウミウシ (57)

ミノウミウシ 葉山権太郎岩 Anteaeolidiella indica (Bergh, 1888)

1
d0175710_2151133.jpg

沖のダイビングから戻ってきて、トイレを我慢して浅場で遊ぶ。
葉山・芝崎の海岸には、広い潮間帯があるのだ。
そこで、石を捲っているとよく見かけるウミウシである。
数ある「○○ミノウミウシ」を代表する?ザ・ミノウミウシ。
地味だが、淡い感じで割と好きなウミウシだ。



2
d0175710_21512682.jpg

黄色味を帯びた体に、白い縁取りのある丸い玉のような山盛りの突起が特徴的。
確かに、蓑というより玉。
タマウミウシ…聞いたことないがいてもいいとは思う。
石の裏などに付着したイソギンチャクなどを食べる。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-03-01 21:55 | ウミウシ (57)

センリョウウミウシ  Hoplodoris bifurcata (Baba, 1993)

鶴は千年 亀は万年
というが、千よりは万の方がありがたい。
特にお金にあっては、更にありがたみがある。
日本酒でも、千寿よりも万寿の方が円やかで美味い。
ただし、高い。

毎年冬、うちの庭に、赤い千両の実がたくさんなる。
ボワッという感じで沢山実が付くのである。
これ、切ってきて、正月の玄関や料理の飾りにとても良い。
一方、万両も咲くことは咲くが、実が葉の下になるし垂れるので、植物は、千両の方がいい。




1
d0175710_21302893.jpg

ウミウシにも、マンリョウとセンリョウがいる。
センリョウウミウシである。
褐色の体色、触角と二次鰓の間に赤っぽい色の帯があるのが特徴だ。
背面の突起は、マンリョウウミウシより小ぶり。
健康サンダルにするには、チト刺激が少ない。
小さい分千両か。

葉山の、海老岩に向かう水路で見つけた。
千両役者とは言うが、万両役者とは言わない。
しかし、役者にしては絵にならんなあ。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-02-17 21:32 | ウミウシ (57)

ニシキリュウグウウミウシ sp.

d0175710_18184164.jpg




ちょっと見、キヌハダウミウシとかオカダウミウシの大型????とかに見えるんだが、違うんだなあ。
触角の先っぼが白いポチ、二次鰓は先っぽが紫で基部が白。
ニシキリュウグウウミウシのsp.なのだ
運が良いと見つかる、って感じで通年いるみたいだ。

日ごろから宝くじを買っているので、こんなところで運は使いたくないが、遇えばうれしいウミウシだ。

d0175710_18182632.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2015-10-12 18:20 | ウミウシ (57)

ツヅレウミウシ   葉山権太郎岩   Discodoris lilacina (Gould, 1852)

1
d0175710_0354044.jpg


ツヅレウミウシかなと。
権太郎岩の水路の石の裏にいた。
淡い褐色の体色、大小の斑紋、二次鰓も体色に近い、外套膜の縁にも斑紋が。
特徴からすると、多分ツヅレさんかと。
くっついているチビは、まさかの交接相手???

葉山では割とよく見かけるウミウシである。
シミツキウミウシ、なんていう変な異名がある。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-10-20 00:35 | ウミウシ (57)

キャラメルウミウシ 葉山 権太郎岩沖Glossodoris rufomarginata

1
d0175710_1947526.jpg


葉山ではレアなウミウシである。
ネットなどで調べてみても、葉山での記録はほとんどない。
僕は葉山でこれを見るのは、二度目。
白地にキャラメル色のシックなデザインのウミウシだ。
好きなウミウシの一つ。





2
d0175710_194811.jpg


先週、透視度5~8mくらいの葉山エビ岩の沖をのんびり流していた。
水深は、17m。
よくレアなウミウシのついている大きな岩をじっくり見ていた。
そしたら、ヒラヒラしている茶色と白の物体を発見。
大きさ、20mmのキャラメルウミウシだ。
ここ、沖からの潮当たりがいい場所なんだろうなと思う。
もう一体流れてくればペアが完成するのになあ、なんて思いながら写真を撮る。
伊豆七島や伊豆半島で、割と出会う機会は多いウミウシだが、葉山で出会えるというのは格別。





3
d0175710_1944312.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2014-09-21 19:49 | ウミウシ (57)