ハツユキダカラ 葉山権太郎岩 Erosaria miliaris (Gmelin, 1791)

1

d0175710_23552039.jpg
和名ハツユキダカラは、「初雪宝」と書く。

じつに美しい名だ。

ご覧の通り、空から舞い落ちる大小の雪の結晶を散りばめたデザインの貝だ。

緑色を帯びた薄茶色の地が地面で、そこに降り注ぐ白い雪。

夏に出会うと、涼しげでさえある。

気の持ちようか。

房総半島以南に分布する3040mm程度のタカラガイである。

プックリしていてなかなか色っぽい。

葉山の海では、普通に見られる種類で、岩の窪みやゴロタ石の裏などで見つかる。

三浦半島のビーチでの貝拾いでも、普通に見つかる種類である。






2

d0175710_23553255.jpg

外套膜は、海賊の黒ひげさんみたいで、ちょっとイメージが違ってくるな。


3

d0175710_23554136.jpg


[PR]

by 1colorbeach | 2017-04-29 23:59 | 貝 (40)

コブカニダマシ 葉山浅瀬 Pachycheles stevensii Stimpson, 1858

1

d0175710_19220875.jpg

カニダマシの中でも、一際立派な瘤のように盛り上がった鋏を持つのがこれ。

昆布ではない。

ポパイの二の腕のようだ。

左に比べて、ダントツの破壊兵器のような右だ。

幻の左に強烈な右。

このカニダマシ、北海道から九州にかけて分布し、葉山でも浅瀬や潮間帯の石の下に生息する。

割と良く見かける種で、お馴染みさんだ。

多分、僕が石を捲らなければ、幼生期より後は、昼の明るい光を見ることなく一生を終えていたかもしれない。

感謝しなさい。

って、迷惑だったか。

d0175710_19220090.jpg


[PR]

by 1colorbeach | 2017-04-23 19:23 | 甲殻類 (61)

トコブシ 葉山 浅場

1

d0175710_19111898.jpg

葉山の海の、とある場所にはトコブシが群れのようにいる。

洗って酒で煮てから甘く煮付け、放置しておく。

汁が浸みこんで、これメチャ美味いんだよな。

酒の肴には最高で、サザエのつぼ焼きとどっちがいい?と言われたら、絶対にトコブシを取る。

だけど、当然獲ってはいけないわけで、いつも、海の中で涎を排出しながらレギュをくわえている。

トコブシはアワビの小さいの?とよく言われるが、科は一緒だが別種。

殻の孔の数と形が違っているそうで、アワビの孔は少なめで盛り上がっており、トコブシはアワビより孔が多く比較的平らであるということらしい。

しかし、海草とかいろんなものが付いていて、穴の数なんてよく分からない。

まあ、棲んでいる所も違うし、トコブシはペロッと剥がれるがアワビはまず道具がないと剥がれない。

アワビの岩に付いている力というのは物凄いもので、絶対に手では無理だ。

って、何度もやっているみたいに聞こえるがそれは誤解だ。

ちなみに、アワビの動いているのは見たことがないが、トコブシは結構高速で移動する。

これ、可愛いんだよね。

2

d0175710_19110435.jpg


[PR]

by 1colorbeach | 2017-04-09 19:23 | 貝 (40)

アシナガモエビモドキ 葉山潮間帯 Heptacarpus futilirostris (Spence Bate, 1888)

d0175710_23315318.jpg

1

葉山の権太郎岩へのエントリー口、芝崎海岸には、かなり広範な潮間帯がある。

潮間帯とは、潮の干満により、海岸が露出したり海の中になったりする一帯のことだ。

ここには、たくさんの生き物が潜む。

ダイビングを終えて、おしっこが我慢できる範囲で楽しく遊べる場所である。

で、このエビは芝崎のいたるところで、遭うことができる。

パッと見、地味なんだけれど、よく見ると綺麗なエビだ。

エビの仲間って、海の中で見ると本当に美しい。

これなんか、頭部の天の川のような線といい、体中に星を散りばめたような点といい、思わず寄って写真を撮りたくなるような被写体だ。

色彩変異が著しく、別物じゃないの?と思うくらいいろんなのがいる。

海の生き物の色って、ホント生息環境にえらく左右されるからなあ。

アシナガモエビという、頭から出ている角(額角という。)がまっすぐなやつもいるらしいのだが、何度聞いても違いが分からない。

ただ、この辺では見かけない、という話を聞いて「モドキ」にしたという、無責任なブログだな。



[PR]

by 1colorbeach | 2017-04-02 23:32 | 甲殻類 (61)