ナマコの一種 葉山沖

1
d0175710_2321471.jpg

今日の葉山は、そろそろ春らしく、ところによって透視度の悪いところはあったが、おおむね10m以上は見えていた。
快適に沖を泳いで行ったのだが、砂地一帯にこんなのが生えていた。
かなり広範に及んでおり、葉山沖砂地は"これだらけ"と言っても過言ではなかった。
幻想的ではあるが。



2
d0175710_23211551.jpg

じつは、これ、ナマコの仲間である。
名前は分らない。
ナマコというと、酢の物のコリコリとした味わいと香りを思い浮かべるが、こればかりではなく、日本には200種以上いると言われている。
で、これは触手を持った樹手目に属するナマコらしい。



3
d0175710_2321263.jpg

単体だとこんな感じ。
植物のようだし、刺胞動物のようにも見える。
しかし、ナマコなんだと。
土地の漁師さんが、これが増えると魚が獲れないと言ってるらしいが、葉山しおさい博物館の倉持さんによると、魚の嫌がる溶血物質を放出するナマコの仲間がいるそうだ。



4
d0175710_23213643.jpg

今日はこんなのも石の下にたくさんいた。
ナマコ大発生中。
[PR]

by 1colorbeach | 2017-02-26 23:41 | その他の葉山の海の生き物 (46)

フタホシニジギンポ 葉山権太郎岩 Petroscirtes springeri Smith-Vaniz, 1976

1
d0175710_23501811.jpg

葉山の権太郎岩の沖側でたまに見かけるギンポの仲間である。
岩穴からピコッと顔を出していることもあるが、割と泳ぎ廻っていることも多い。
ヒョロヒョロと身をくねらせて泳ぐ様はコミカルで、あまり人を恐れない。
かわいいやつ。




2
d0175710_23553885.jpg

こんな感じで穴にいる。
オバQの口を持つイソギンポなどと比べると、お上品なオチョボ口である。
オバQ古いな。
また、中国人の陳さんのようなギンポ髭ならぬ泥鰌髭が特徴的だ。
誰だ?陳さんって???




3
d0175710_2350422.jpg

相模湾以南に分布。
藻類や小さな甲殻類などを食べる。
栄養バランスが取れているな。
鰓のところと尾っぽの付け根にある二つの暗色斑を例えて、フタホシ。
かな。
[PR]

by 1colorbeach | 2017-02-13 23:58 | 魚 (89)

葉山きれい

d0175710_2316861.jpg


今日の葉山はものすごく綺麗だった。
透視度15mは超えていたな。
沖を泳ぎ廻ったので、あまり写真はなし。
コンパスなしで十分だったが、あまりに見えすぎるために、こんな岩あったっけ、と何度も迷子になった。
何でも見えすぎるのは良くないな。
馬鹿に生まれて来て良かったと思う瞬間。





d0175710_23205390.jpg


メバルもこんにちは、ということで。
岩にあごを乗せて休んでいた。
さすがの僕も、こんな日にマクロもないでしょ。
そのうち、ダンゴは群れで出てくるだろうし。

今日はもう一つ、久々に常連さんたちと顔を合わせ、話し込んできた。
写真を水中で撮っていたら、亀の交尾みたいにいきなり上に乗ってきた奴もいたな。
セルフでやっていると情報交換は欠かせない。
いつも貰う側だが。



d0175710_233640.jpg


浅瀬もこの通り。
何とも言えませんなあ。
冬の葉山は本当に綺麗だ。

しかし、今日は暖かいとはいえ、一時間以上水中にいると寒いな。
もっと厚着しないと。
朝も、行けば楽しいんだが、出かけるまでが億劫なんだよな。
もう歳じゃ。


d0175710_2326241.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2017-02-04 23:32 | その他の葉山の海の生き物 (46)

ニセツノヒラムシの一種 ヒラムシ10 葉山権太郎岩  Pseudoceros sp.

1
d0175710_2371588.jpg

このヒラムシは割りと葉山では見かけることが多い。
石の下などに潜んでいる。
体をドレスのようにヒラヒラと波打ちながら、這ったり泳いだりして移動する。
歩み?は結構高速。
舞う姿はとても綺麗だ。
名前の由来は、体の先っぽのヒラヒラを、ツノのように丸めるので「ニセツノ」か。
なぜツノを作るのだろうか。
ツノヒラムシというのもいるので、ツノのあるメリットって何なんだろうと思う。
ヒラムシは、儲からない生き物のためか、専門でやる人がいなくて分類が進んでいない。
従って、名なしが多い。
生活に困らない誰かが、ちゃんと分類やってくれないかな。




2
d0175710_2372569.jpg

1
このヒラムシは割りと葉山では見かけることが多い。
石の下などに潜んでいる。
体をドレスのようにヒラヒラと波打ちながら、這ったり泳いだりして移動する。
歩み?は結構高速。
舞う姿はとても綺麗だ。
名前の由来は、体の先っぽのヒラヒラを、ツノのように丸めるので「ニセツノ」か。
なぜツノを作るのだろうか。
ツノヒラムシというのもいるので、ツノのあるメリットって何なんだろうと思う。
ヒラムシは、儲からない生き物のためか、専門でやる人がいなくて分類が進んでいない。
従って、名なしが多い。
生活に困らない誰かが、ちゃんと分類やってくれないかな。




2
[PR]

by 1colorbeach | 2017-02-03 23:09 | その他の葉山の海の生き物 (46)