ホシササノハベラ 葉山 Pseudolabrus sieboldi Mabuchi and Nakabo, 1997

d0175710_22115277.jpg

海の中で、石を捲って生き物探しをしていると、隠れていたゴカイの仲間などの生き物を狙ってやたら寄ってくるのが、カワハギやベラの仲間だ。
ホンベラ、アカササノハベラとこのホシササノハベラは葉山には多い。
ウザくて海の中では小バエ扱いをしている。
シッシッと左手でこ奴らを追いながら、右手で石の下にいるヒラムシやウミウシの写真を撮る。
だから、僕の写真はブレが多いのだ。
と、言い訳してみた。
手があと二本欲しい。
便利だろうな。
風呂で頭と体をいっぺんに洗える。

でも、このホシササノハベラは綺麗だ。
薄桃色のベースに黄色の黄色の頭と鰭。
白の横縞と星屑のような背の斑紋。
名前はそこから来たのかな。

この子たちは、生まれたときはすべてメスである。
その中で強いやつがねオスに性転換してハーレムを作る。
羨ましい。
癖のない白身で、天ぷらにすると美味いらしい。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-07-28 22:03 | 魚 (88)

砂茶碗 葉山 権太郎岩左沖砂地

1
d0175710_2092153.jpg

ハっつぁん ご隠居さん、海ん中の生きもんも、茶碗で飯食うんですかい?
ご隠居さん 何を言ってるんだ。魚や貝がどうやって茶碗持って箸持って飯を食うんだい。
ハっつぁん 蛸や烏賊は手ぇ持ってらあ。
ご隠居さん 叩くと「痛い!」と頭を押さえたのが手だ、なんて言うんじゃないだろうね。バカもたいがいにしなさいよ。
ハっつぁん いやいや、今朝、潮干狩りで河岸っ端行ったらね、海ん中に茶碗がたくさん落ちてたんでさぁ。
ご隠居さん なるほどなるほど。そりゃ茶碗の形はしているが、砂で出来ているので砂茶碗。ツメタガイという巻貝の卵だ。
ハっつぁん 卵? 結構毛だらけ、こりゃ砂だらけ。
ご隠居さん この貝はな、小さい卵を産みながらネバネバしたもんを体ん中から出してな、砂と混ぜてこんなもんを作るんじゃよ。貝といってもこいつらはアサリなどの二枚貝が大好物でな、穴の開いた貝殻を見かけることがあるじゃろ。
ハっつぁん あったあった、たくさん落っこってました。
ご隠居さん ツメタガイが貝殻の穴をあけて中身を食べちまった後さ。
ハっつぁん そりゃとんでもねえ貝だ。
ご隠居さん 確かに、他の貝に被害を及ぼすと言っての、駆除の対象となることはあるが、これはこれで、茹でたり煮たりして食べると、大変美味しい。
ハっつぁん へー、美味いんですかい。この陽気だ、茹でたツメタガイ肴に、冷でキュッと飲りたくなっちまったなぁ
ご隠居さん 何を言ってるんだね。真昼間っからツメタイ茶碗酒はおよし。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-07-11 20:20 | 貝 (40)

クロスジニセツノヒラムシの一種 葉山 権太郎岩の水路 Pseudobiceros sp.

1
d0175710_21381412.jpg

こういうのが見つかるのはたいてい石の下だ。
ヒラムシは、魚に好かれるせいなのか、ウミウシのように大胆に表に出てこない。
一度、石を引っ繰り返したとたんに舞い上がったヒラムシを、ベラがバクッとやったことがトラウマになっている。
それ以来、石を引っ繰り返すのは慎重だ。
これは、葉山の沖に通じる権太郎岩の右側の水路で見つけた。





2
d0175710_21382675.jpg

体は楕円形。乳色の背面に黒いポツポツとした点が散在する。
縁は、外側が朱で、内側が蒼黒か。
図鑑で見ると、沖縄などにいるこの種は、朱がもう少しきれいな赤だった。
沖縄では割とレアだそうである。
葉山で見つけたのは二度目。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-07-08 21:40 | その他の葉山の海の生き物 (46)

タカクラヒモムシ 葉山 権太郎岩  Lineus alborostratus

1
d0175710_18194165.jpg

紐形動物門に属する生き物で、タカクラヒモムシという。
葉山の浅場、貝殻などの混じった砂地の石の下でよく見つかる。

細長い生き物は、その昔、まとめて「ながむし」と呼ばれていたとのこと。
ミミズなどの環形動物やヒラムシなどの扁形動物も、この紐形動物も一緒くたであったらしい。

紐形動物の特徴としては、伸び縮みする細長い体と、普段は頭部に収まっているが餌をとるときに突き出てくる口部(吻)を持つことらしい。
投網のようだ。
こんなのが、ヒトと同じ大きさだったら、怖さベスト3に入るな。
何と話題のイギリスはスコットランドで、60m近い長さのヒモムシの報告例があるらしい。

タカクラヒモムシの、黄色というか淡い褐色の体色と頭部の白色のコントラストが好きで、見かけると必ず写真を撮る。
体長100mm、体幅5mm。
紫色の個体もいるようである。

人間の中にも、たまに紐形(ヒモ型)動物がいる。
僕の理想の生き方ではある。
羨ましい。


2
d0175710_1820467.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2016-07-02 18:21 | その他の葉山の海の生き物 (46)