ヒメシワオウギダマシ 葉山 左沖 Macromedaeus orientalis (Takeda & Miyake, 1969)

1
d0175710_1841592.jpg
甲幅10mm程度の小型のカニだ。
体色は変異があり茶褐色が多いが、これはどちらかと言えば乳色。
葉山の左沖の水深10mの砂泥の転石帯でよく見かける。
昼も夜も石の下に隠れていることが多いようだ。
生息水深は浅場から30mくらいまでとされており、相模湾から九州にかけて分布している。





2
d0175710_1814079.jpg
これは、別個体。
甲はご覧の通り溝で区画されている。
これをして皴ということか。
甲の前側縁は5歯で、先端は尖っている。
「海の甲殻類」(文一総合出版)では、甲の正中線上に白色の縦帯があると記載されているが、葉山ではないものが多いようだ。
最初、この縦帯がないので、名前が分からず困っていた。
ちなみに、鋏脚の指の先端が「スプーン状でミートする」のが一つの特徴だそうだ。

「ヒメ」がつくので、まだ婆さんではなく、40代半ばあたりの皺を気にして手入れをするか、このまま自然に年を取るかの瀬戸際あたりのカニか。
ダマシがつくので、化粧には騙されないようにしたい。

なお、「シワオウギガニ」(Macromedaeus distinguendus)というのもいて、河口など真水の混じる海岸の転石下などに生息しているらしい。
紛らわしい。



3
d0175710_1812718.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2014-05-25 18:06 | 甲殻類 (61)

キイロダカラ 葉山 潮間帯  Monetaria moneta (Schilder & Schilder, 1933)

1
d0175710_22365526.jpg


葉山の浅瀬で生き物を探すのが好きで、ダイビングの終わった後に、いつまでも遊んでいることがある。
この間、知り合いのダイバーに、
浅瀬でタンクとお尻を出して、ずっと写真を撮っているダイバーがいたが、かかわりにならないようにそっと遠回りしてエグジットした
と言われた。
僕のことだった。
で、そういうところで見つけたのがこれ。
キイロダカラという。





2
d0175710_2237729.jpg


これ、世界中でお金として使われていたことがあるらしい。
それで、宝貝。
買うとか貯めるとか、お金と関係のある漢字はみんな貝の字が使われている。
小学校の国語の時間で習った気がする。
学名もお金っぽい。
海岸にたくさん落ちているだろうに。
関東以南に分布し、30mmくらいまでになる。
潮間帯にいて、普通のダイバーとは出会うことは滅多にない。




3
d0175710_22373160.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2014-05-17 22:39 | 貝 (40)

ニシキリュウグウウミウシ属の一種3  Tambja sp.4  葉山 権太郎岩

1
d0175710_19352471.jpg


3か月ぶりの葉山だった。
そもそもダイビング自体3か月ぶりだ。
私事で忙しいのと寒いのと年寄りなのと花粉症なのとで気持ちも萎えていた。
しかし、ゴールデンウイークの声を聴いて海好きの虫が目を覚ました。
だったら潮干狩りでいいではないかという声もあったが、あれは腰が痛くなるので嫌だ。

で、4月27日に葉山に出かけた。
7時30分頃着いたのだが、真名瀬の駐車場は満杯。
待つこと20分。
ラッキーにも入れた。
しかし、駐車場から器材を担いで行くのは辛い。

で、今日の大ヒットはこれ。
「本州のウミウシ」によれば、ニシキリュウグウウミウシ属の一種3。
俗に「オセザキリュウグウウミウシ」と呼ばれている。
葉山では、報告事例はないかもしれない。





2
d0175710_1937205.jpg
 

このウミウシ、伊豆半島以南に分布するとのことで、何らかの手違いで葉山に流れ着いてきたんだろう。
俗称の由来は、西伊豆の大瀬崎で発見、そして報告されたんだろうと思う。
黄色の地に、紺色のラインが二次鰓を回り込むように縦に伸びて繋がる。
葉山の水深10mの壁をじっくりと見ていたら、ヒドラのようなものにくっついていた。
大きさは、7mm。
30mmになるそうで、まだまだお子様だ。
ラッキーな日だった。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-05-05 19:44 | ウミウシ (58)