キンギョハナダイ 2 葉山 権太郎岩

1
d0175710_22531334.jpg


葉山の権太郎岩沖に年中キンギョハナダイの群れている岩がある。
この魚、葉山では死滅回遊魚と思っていたが、越冬するんだろうか。
まさかねえ。
ヒュルリィ~と舞う姿は美しい。
越冬金魚。
以前にも紹介したが、やはり遭えると嬉しい。
伊豆にはいくらでもいるのだが。





2
d0175710_22532258.jpg


ガンガゼの棘は彼女たちの格好の住処だ。
ちびっ子たちが群れていた。
可愛いのでついぞ見とれてしまった。
ロリコン?
これは、大瀬崎の先端で。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-01-25 22:54 | 魚 (88)

イナズママメアゲマキガイ 葉山・権太郎岩 

1
d0175710_17542447.jpg


アオマキガミアカマキガミキマキガミみたいな名前である。
僕はこれが言えない。
でも、こんな名前よりも早口言葉の方が、まだ覚えやすいとは思う。

葉山の砂泥質のゴロタの裏でよく見かける。
貝殻を覆っているブチブチとしているのは外套膜。
ピンクがかってこれは綺麗だ。
殻高10mm。



2
d0175710_17543460.jpg


このように、だいたい複数の個体が仲良く並んでかたまっていることが多い。
房総半島から九州にかけて分布する。
だんご3兄弟。
古いな。
初めの頃、僕はイナズママメマキガイとだ信じて疑わなかった。
だって、豆っぽい。
もうすぐ節分だ。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-01-19 18:00 | 貝 (40)

カメキウスヘリコブシ 葉山170度の根  Cryptcnemus kamekii  Sakai,1961

1
d0175710_1992377.jpg


葉山の170度の根の周辺、水深10mで見つけたカニだ。
砂地でモゾモゾッと動くものがあるので見たらこれだった。
実際、初めてみたカニであり、コブシガニの仲間であろうと推測、同定をお願いした。
甲高8mm程度か。
かなりのレア物で、葉山では多分お初である。
角はカクカクッとしながら、前面は緩やかなカーブを描く甲は特徴的。
かっこいいカニだが、顔は豚鼻で類人猿に近い。
実に砂を掘りやすそうな鋏脚をしている。




2
d0175710_1993336.jpg


ちなみに、名前の由来は、相模湾は佐島沖にある漁場の亀城根から。
模式産地なのだろう。
イサキやタイの好魚場である。
地元の漁師は、カメキネと言わず、カメギネと濁る。
カメギウスヘリコブシが実は正調かと。

なお、その後、権太郎岩の水路でも見つけたことがあり、これが2度目だった。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-01-13 19:10 | 甲殻類 (61)

キビナゴの群れ 2

d0175710_21445038.jpg



今日は潜り始め。
実に水色が綺麗でした。
そして、浅瀬でキビナゴのものすごい大群が舞うのをずっと見ていました。
これだけで、一本タンクを使ってもいいなと思うほど、美しさと躍動感あふれる動きに感動。
どういうわけか、美味そうだなあとは思わなかったのが不思議でした。
珍しく食い気より色気。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-01-05 21:47 | 魚 (88)

バンダホヤ 2

d0175710_22533979.jpg



こんな名前のホヤはいないのだけど、ダイバーはこう呼んでいます。
だんご3兄弟ならぬパンダホヤ3兄弟。(古すぎるか。)
こうやって並んでいると愛らしいというかコミカルというか。
わずか数ミリの生き物なんですが、実に存在感があります。

そろそろたくさん生え始める (表現が適切かどうか…) 季節です。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-01-02 22:55 | その他の葉山の海の生き物 (46)

あけましておめでとうございます。

d0175710_845227.jpg


訪問してくださる皆様、昨年はありがとうございました。
今年も葉山の海でたくさん潜って色々な生き物をご紹介させていただきます。
そして、安全で無理をしないダイビングを心がけます。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

写真は、12月30日の葉山190度の根の沖の砂地です。
透視度10mくらいでしたが、水色は綺麗です。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-01-01 08:46 | その他の葉山の海の生き物 (46)