ショウジョウカニダマシ 葉山 浅瀬 Petrolisthes boscii (Audouin, 1826)

1
d0175710_2081273.jpg
 

葉山の権太郎岩に向かうエントリー口の水深2m。
ここ、潮当たりが良いせいか、これまでもいろんな生き物を見つけている。
で、これを見つけた。

オオアカハラの色彩変異か、と思ったがどうも気になる。
で、葉山しおさい博物館の倉持さんにお聞きしたら、ショウジョウカニダマシですよ、とのこと。
駿河湾以南に分布するらしい。
しかし、相模湾にも最近見かけるようになったとのこと。

で、よくよく調べてみたら、「海の甲殻類」という図鑑に出ていた。
昔から、探し物が下手なのである。
だいたい物忘れもひどい上に探し物も下手なので、これまでの損害は数知れない。
(そもそも覚えていないので) と思う。

砂交じりの転石下に潜み、昼夜ともほとんど外に出てこないそうで、遭えてラッキー。
この複雑な紋様は、実に美しい。
あまり生体が見つからない希少な種だそうでうれしい。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-11-24 20:11 | 甲殻類 (61)

アカハチハゼ 葉山 権太郎岩手前 Valenciennea strigata (Broussonet, 1782)

1
d0175710_21455197.jpg

今年の秋の葉山のトピックスは、間違いなくアカハチハゼだ。
本来は静岡県以南のサンゴ礁などの浅い砂底にいる。
どこをどう間違ってきたのか、ペアで葉山に舞い込んで来た。
頭と顔が黄色で、淡いブルーネオンのラインが頬に入る。
実に綺麗なハゼである。




2
d0175710_2146638.jpg

ダイビングショップNANAの輝さんから居場所を聞いたのだが、場所を勘違いしていたためか見つからず放って置いた。
で、今日セルフ仲間が権太郎岩手前で見つけたというので、確認したらぜんぜん違うところだった。
2本目の帰りに立ち寄ったら、しっかりいてくれた。
すでに、ペアの片割れはいなくなり一尾だけである。
寂しいだろうな

しかし、動く魚の写真は難しい。
何人かで囲めば、動く範囲が限られるので写真は撮り易いが、一人だとついつい追いかけっこになってしまうのでじっくりと待った。
20枚くらい撮って、ピンボケでないのはたった2枚だった。




3
d0175710_214622100.jpg

宮古島の「魔王の宮殿」の手前で撮ったペアのアカハチハゼ。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-11-17 21:51 | 魚 (89)

チヂワケボリ 葉山 権太郎岩左沖の岩場 Prosimnia semperi (Weinkauff, 1881)

1
d0175710_023163.jpg


縮輪毛彫と書く。
黄色も赤も、大きさは、8mmくらい。
葉山の権太郎岩水深15mの大きな岩に付いていた。
イソバナなどに付き、房総半島以南に分布する。

殻の色はホスト(イソバナなど)の色に合わせて変異する。
特徴は、外套幕の綿花のような突起。
黄色い方にちょこっと見えている。
潮通しの良い浅い岩礁に生息する。




2
d0175710_0231073.jpg


珍しく図鑑風の書き方になった。
このイソバナに付いていた。
真ん中ちょっと上のほうに赤い点が見えると思う。
それが、最初の写真の赤い方のチヂワケボリだ。
何で、黄色じゃないのかと考えてしまった。




3
d0175710_0232010.jpg


すぐ隣に赤いイソバナがあった。
隣から遠征というか夜這いというかやって来たのか。
やっと、僕のブログらしい表現が出てきた。
葉山の海は、潮通しが良いせいか、イソバナが多い。
根気よく探すとわりと見つかるウサギガイである。



4
d0175710_0233047.jpg


浅場にいた、大きさ5mmくらいの個体。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-11-10 00:28 | 貝 (40)

センヒメウミウシ 権太郎岩  Aegires villosusFarran, 1905

1
d0175710_15121287.jpg


絶対に行ったことはないが、僕が会社に入った頃から、横浜の福富町に「千姫」という高級ソープランドがある。
正確に言うとあった。
絶対に僕ではないが、そこに行った友人によると、18番の「姫」さんが、ものすごい美人だったそうである。
このウミウシを見るたびに、その話を海の中で思い出す。
そもそも海でそんなことを思い出してはけない。
つい最近、酔っ払って「千姫」に入ったらではなく、その前を通ったら、閉店していた。
行っておけば良かった。




2
d0175710_1512241.jpg


センヒメウミウシという。
このウミウシ、突起の形や色彩などの変異が著しい。
葉山では、最初のような白をベースとしたピンクが多いかな。
これなどはオレンジ混じりだ。
ただ、ボンボンの形の垂れたオッパイのような突起で、他のウミウシと比べて区別がつく。
例えが貧困ですみません。



3
d0175710_15123445.jpg


これなど、ちょっと、ウルトラマンに出てくる怪獣の意匠だ。
しかし、本当の千姫様は怪獣ではない。
豊臣秀頼・本多忠刻の正室で、父は徳川秀忠、母は継室の江だ。
「千姫」という映画もあり、とても、聡明で美人であったそうな。
最後は綺麗にまとめたが、全体を通して、品がない記事で、大変失礼をしました。




4
d0175710_15124426.jpg

お子様。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-11-04 15:18 | ウミウシ (58)