マツカサウオ 葉山 権太郎岩沖  Monocentris japonica (Houttuyn, 1782)

1
d0175710_22584057.jpg

葉山は権太郎岩の沖合い、水深14m。
エビ岩の先に、下が洞窟のようになっていて覗ける大きな岩がある。
頑張れば、僕も上半身くらい入れる。
ハマってしまって出られなくなりかけて、パニクリそうになるかと思った。
そこを見ると大きな確率でこのマツカサウオが付いている。
松ボックリのような鱗をしているので、マツカサウオ。
金目鯛などの仲間でもある。




2
d0175710_22585140.jpg

この魚、下顎に発光バクテリアを共生させており、暗いところで光る。
これが分かったのは富山県の魚津水族館で、停電したときに光っていたことからだそうである。
偶然の発見、つまりニュートンのリンゴだ。
やはり発光するウミウシがいるが、発見は、絶対誰かがいたずらした結果に違いないと思っている。
この魚、北海道からオーストラリア南部までに分布する。

味噌を詰めて焼いたら美味いかもしれない。
ハコフグではなかった。


3
d0175710_2259697.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2013-07-29 23:02 | 魚 (89)

スガイ 葉山 潮間帯 Turbo (Lunella) coreensis (Récluz, 1853)

1
d0175710_20274611.jpg

葉山の浅瀬は、広くてゴツゴツしていて、移動するには難所である。
多分、60歳過ぎてもここで潜れるのか不安である。
リゾート殿様ダイビングに早く移行したいのう。
金がない。
オシッコを我慢したエグジットでは、ものすごく遠く感じる。
しかし、心と膀胱に余裕があればこんなに楽しい所はない。
生き物の宝庫なのだ。
で、のんびりとエントリー口にシュノーケルで向かっていると、マリモがあった。
ちょっと待て、阿寒湖?
いや、ここは海ではないか。



2
d0175710_2028015.jpg

どうやら巻貝である。
スガイという。
菅井さんではない。
酢をたらすと蓋が動くからだそうで、酢貝。
だれが酢なんてたらしたのか。
変った事をするものだ。
普通やらないだろう。

で、マリモかと思ったのは海藻で、 カイゴロモ(Cladophora conchopheria  Sakai)という。
この藻、スガイの殻以外には棲息しないそうで、なんとも不思議だ。
スガイは、北海道以南に生息する。
三浦では、「上げ潮玉」と呼ばれるそうな。

このスガイ、サザエの仲間なので、茹でたり煮たりすると実に美味いそうだ。
葉山にはごろごろといるので、今晩の酒の肴ゲットと行きたいが、物取りダイバーだと思われるのも癪だし、タンクを置いてもう一度戻るのも面倒だし、逡巡しているところである。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-07-21 20:29 | 貝 (40)

カエルアンコウ 2 葉山権太郎岩左沖

1
d0175710_1132219.jpg


葉山での楽しみの一つとして、セルフでやっている常連さんたちとの雑談がある。
ポイント情報や葉山ダイビング関係者の噂話などで、花が咲く。
そんな中、カエルアンコウによく似た美人(ど、どんな顔じゃい!!!)のイントラさんに、カエルアンコウ確認情報をもらった。
また、泳ぎ専門大物狙いの一見サーファー風、実はダイマスの兄さんにドチザメ情報をもらった。
持つべきものはセルフ友達。
皆さん個性的な潜り方をしていて宜しい。
セフレとか略してはいけない。

で、2本目、ドンドン沖に向かって泳ぎだした。
頭を岩の奥に突っ込んで、尻尾と下半身(と呼んでいいのかどうかわからないが)しか見えないドチザメ発見。
これじゃ写真にならないではないか。
で、その後、カエルアンコウの場所へ。
おっ、いるではないか。



2
d0175710_11322437.jpg


ドアップ横顔も撮ってみた。
目がくりっとして可愛い。
そして、エスカがチョコンとして可愛い。
今年は、カエルアンコウがかなり目撃されていて、楽しみだ。
これまで葉山では、カエル、イロカエル、ベニカエル、クマドリカエルは見つけている。
何とかして、今年こそオウモン行ってみよう。

秋に向けて、変なウミウシとか甲殻類にも期待が持てそうだな。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-07-14 11:38 | 魚 (89)

ミスジホソヒラムシ Prosthiostomum trilineatum ヒラムシ 5  葉山・権太郎岩左沖

ミスジホソヒラムシ Prosthiostomum trilineatum

1
d0175710_18384368.jpg


このヒラムシ、色合いは阪神タイガースではあるが、ちと違う。
実に良い色具合だ。
葉山のゴロタと砂地の間の石の下で一時期よく見かけた。
水深14mくらいの砂地とゴロタの入り混じった辺りだ。
必ず付いていた。
これと同じものは、大瀬崎でも何度か見かけているが、葉山のは総じて小さい。

僕は、このヒラムシをTバックヒラムシと呼んでいる。
友人は褌ヒラムシと呼んでいる。
どちらも教養の程がうかがえる。 
[PR]

by 1colorbeach | 2013-07-07 18:39 | その他の葉山の海の生き物 (46)