シロギス 葉山 権太郎岩沖砂地 Sillago japonica

1
d0175710_2215346.jpg


僕がこれまで一番釣った魚は何だろうと考えた。
やはり、シロギスである。
釣りに行く前の晩、遅くまで仕掛け作りをする。
仕掛けの長さを変え、ハリスの長さを変え、針の種類を変える。
様々な条件に適合するように様々な仕掛けを作る。
当たりが来たらこう、モタレが来たらこう、とかあれやこれやと考える。
楽しみで寝付けないのである。
翌日は寝不足がたたり船酔いだったことも幾度かあった。

シロギス釣りは本当に面白い。
確かに、放っぽっておいても釣れることはある。
それは釣れてくれるのであり、釣ったものではない。

シロギスは、砂地か砂地の混じった岩礁帯に棲む。
海底に対して45度くらいの角度で下向きに泳ぎ、おちょぼ口で砂地を吹く。
砂地に潜むゴカイなどの餌を探すのである。
そして、餌を見つけると吸い込む。
これがモタレと言われる当たりなのである。
このときに合わせグイッと竿先のしなる瞬間が楽しみでキス釣りをやっているようなものだ。
そうすると竿をぐっと〆こむ。
あとは魚の動きに合わせやり取りを楽しみながらゆっくりとリールを巻く。
揚がってきたときには、上唇にカチッと針掛りしている。
醍醐味だ。

釣宿の乗合いにも行った。
艪で漕ぐ仕立てもやった。
手前ボートののんびり釣りもやった。

ずいぶん沢山のキスを釣ったものだ。
って、回想録になってしもた。
今は、毎週ダイビングに行っている身。
忙しいサラリーマンとしては、週末を釣りにダイビングにというわけにはいかない。
いずれ、年を取って、あの苦行のような葉山の海岸を歩けなくなったら、またのんびりと釣りでもやろうかと思っている。

キスは、天麩羅にして最高だ。
よく、外道で釣れるネズッポの方がコクがあって美味いという人は多い。
なんのなんの。
そんな訳はない。

キスは、軽くて味があって
ふくよかで甘くてスイートなのだ。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-05-28 22:16 | 魚 (89)

メガロパ 葉山権太郎岩 

1
d0175710_12303743.jpg

カニの仲間は、基本的には幼生をプランクトンで過ごす。
これはゾエアと呼ばれるのだが、パンツの中に入ると刺すので、別名チンクイとかチンクイ虫とか呼ばれている。
刺されたところに、キンカンを塗ると快感である。

これらが、生長とともに脱皮を繰り返し、次はメガロパとなり、稚ガニとなるのである。
で、これはメガロパ。
甲高?3cmとでかい。
ショウジンガニか何かのメガロパだろうか。



2
d0175710_12305670.jpg

GWの葉山では、あちこちでメガロパを見かけた。
ちょうど活動する時期なのだろうか。
ちょいと気持ち悪いが、よく見ると愛嬌のある目をしている。
水深15mの権太郎岩沖で見つけた。

そういえば、木星の惑星でもこの子達を見かけたことがあった。
ありゃエウロパだ。
生長すると、ガニメデか。
オヤジギャクでスマン。



3
d0175710_12311228.jpg

これは水深5mの安全停止中に見つけた。
ベラたちは安全停止でジッとしていても僕に寄ってくる。
ダイバーが石を引っくり返してくれるのを学習しているのである。
魚に食われないようにね。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-05-19 12:35 | 甲殻類 (61)

キセワタガイ 葉山170度の根付近 Philine argentata Gould, 1859

1
d0175710_7421249.jpg

ダンゴウオがたくさん見つかっている時期だった。
どうせ僕には見つからないので、170度の根の付近の丸秘ポイントで甲殻類やウミウシを探していた。
僕の人生ってこんなもんだ。
探しているものには遭わないが、そうでないものはすぐに見つかる。
美人にはなかなかお近づきにはなれないが、比較的そうでない人は周りにたくさんいるということだ。
で、これに遭遇した。
おーっ、キセワタだ。
まあ、美人の類だ。



2
d0175710_7422417.jpg

ウミウシの属する後鰓類(心臓より後ろに鰓がある)の仲間で、頭楯目に属する。
北海道南部以南から九州にかけて棲息し、普段は砂の中に潜っている。
僕に見つかって、ビョーンと伸びて移動を始めたが発見時はこんな感じで縮んでいた。
動き出すと、なかなか高速である。
透き通って白い部分が貝殻だ。
砂の中の小さな貝を餌にしている。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-05-12 07:43 | ウミウシ (58)

ゴマフビロードウミウシ 2 葉山・権太郎岩

1
d0175710_8483639.jpg
[
権太郎岩の岩壁を見ていた。
おっ、ヤドカリで不規則な動きをしているやつを見つけた。
何ヤツと思い、壁から剥がして下において殻からの出待ちをしていた。
何だ、ゴホンアカシマホンヤドカリか。
と、写真を撮って横に眼を移したらこの子が移動中だった。
ゴマフビロードウミウシ、ゴマちゃんである。
確かに、ヒレのような手と尻尾をつけたらゴマフアザラシだ。
以前にもご紹介した。



2
d0175710_8473062.jpg


これは、この日別の所にいたゴマちゃん。
スヤスヤとお眠りになっている。
デトリタスに埋まって気持ちよさそうだ。
そう見えるだけである。
今年は彼らとの出会いが多かったなあ。
また、黒潮に乗って、いろんなウミウシがやってくるのが楽しみだ。

このGWは葉山も人がいっぱいだ。
みんなダンゴウオとか探しているようなのだが、マイペースで潜っている。
このGWでのヒットは、ハナヤカケボリ、シロオビコダマウサギ、メガロパ(あちこちにいた)、綺麗なモエビの仲間、ヒラムシ色々、沖の砂地に咲く様々なハナギンチャク・イソギンチャク、で、一応〆は、紫色のダンゴウオ。
いずれ紹介します。

しかし、腰は痛いし、肩は凝りと五十肩、首は頚椎が磨り減り神経を刺激し、腕は痺れる。
年だな。
パソコンのやり過ぎでもある。
騙し騙しダイビングせにゃ。
そろそろウエットの季節だ。
うしいな~、ウエイトが軽くなる。
オシッコも自由に出来る。
しかし、年々ウエイトは重く感じられ、オシッコが近くなっている。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-05-05 08:50 | ウミウシ (58)