ヤツヒラムシ Discostylochus yatsui  ヒラムシ3  葉山・浅瀬

葉山の浅瀬は面白い。
色々な生き物が潜んでいる。
じっくりここで生き物探しをしたい。



1
d0175710_2013265.jpg
しかし、ドライスーツを着ている冬は、この浅瀬は関門となっている。
沖から帰ってきて、オシッコの我慢の限界となるのはここなのだ。
その限界の時にこの子に出会ってしまった。
ヤツヒラムシである。
たまたまオシッコとの戦いに没頭しながら、何気にめくった石に付いていたのである。
後は精神の集中と下腹の筋肉を締めるのみである。
これ、石にへばりついて丸まっていた。
オシッコを我慢している僕の姿ではない。



2
d0175710_20131683.jpg
ビョーンと伸びて移動を始めた。
灯りは嫌いなのだ。
しかし、実に綺麗なヒラムシだ。
何とも言えない色使い。
ヒラムシは、よくウミウシなどの他の生き物に擬態しているようなのが多いが、これはなんだろう。
ヒザラガイ?
よく見ると、触角がある。

初めてみたヒラムシだったのでかなり大興奮。
知り合いのダイバーに片っ端から、綺麗なヒラムシ見つけたんだと触れ回っていたのだが、誰もが、フーンと冷たかった。
ヒラムシ、不思議で綺麗な生き物だと思うのだが。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-11-23 20:14 | その他の葉山の海の生き物 (46)

アシブトイトアシガニ 葉山・権太郎岩 Crossotonotus spinipes (De Man, 1888)

1
d0175710_20295998.jpg
一応房総半島以南の分布ということになっているが、多分葉山では珍しいカニだと思う。
アシブトイトアシガニ。
普通イトアシガニ科のカニは、第4歩脚が糸のように細いらしいのだが、これは例外で他の歩脚同様の太さである。
で、太足か。
岩礁帯に多いらしいが、すっかり岩や海草等に溶け込んでいてなかなか見つかり難い。
権太郎岩の水深7mの岩に付いていたが、動かなかったらまず見つからなかった。
いつも穴の空くほど岩や岩壁を見つめているが、多分ほとんどの生き物の存在をスルーしているのではないかと思っている。
老眼で集中力と注意力がないダイバーがマクロに向くわけがない。



2
d0175710_20301584.jpg
これは大瀬崎の先端で見つけたもの。
このカニの面白いところは、水中をヒラヒラヒラ~っと優雅に落下することである。
観察するために、グローブに乗せたのだが、あっという間に逃げる。
そして両側の脚を反って落下傘のように優雅に落ちていくのだ。
面白かったので何度もやってみたが、生き物に触れてはいけないなどという流派の皆様にはヒンシュクをかいそうだ。


3
d0175710_20303717.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2012-11-17 20:33 | 甲殻類 (61)

シラユキモドキ 葉山 権太郎岩 Noumea subnivalis Baba, 1987

以前、シラユキウミウシの話はした。
眠れる森の美女と混同していたヤツだった。

で、さらに、こういうウミウシもいる。



1
d0175710_2052628.jpg
シラユキモドキ。
シラユキモドキもシラユキウミウシも、地色は同じsnow white だ。
しかし、シラユキモドキは、背面は真っ白で縁取りはオレンジ色、触角の上半分が赤紫、二次鰓もまっ白で実に上品だ。
これに対し、シラキウミウシは、背面にはオレンジ色っぽい斑紋が点在して(いると言われている)おり、縁取りは黄色、触角の上半分はオレンジ色、二次鰓の先端にもオレンジがかかっている。
純白さや綺麗さから言えば、モドキが本来のシラユキウミウシでも良かったと思う。



2
d0175710_20521567.jpg
これがシラユキウミウシ。



3
d0175710_2052313.jpg
しかし、これもシラユキモドキだが、背面にオレンジ色の斑紋があるではないか。
斑紋による識別はちょっと違うようだ。
一応、ゴミではないとは思う。



4
d0175710_20524115.jpg
福笑いみたいだが。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-11-10 20:55 | ウミウシ (57)

カマス 葉山権太郎岩 Sphyraena pinguis

1
d0175710_2227579.jpg
アカカマスである。
いわゆるホンガマス。
夏から秋にかけて、葉山の浅瀬にも、このカマスの小さいのが回遊している。
葉山の磯場と権太郎岩の間の湾は、カタクチイワシやキビナゴなどの小魚が廻ってくる。
それを追って、たまにイナダだのが追っかけて来るのだが、このカマスもイナダと同じ魚っ食いで湾内に居付いているのだ。

大きなカマスを開くと、よくお腹の中にカタクチイワシがたくさん入っていることがある。
カマスも活きがいいと、腹の中のイワシも生で食べられそうなくらいだ。

カマスは、実に美味しい魚だ。
開いて軽く塩をして、一夜干しにしたら最高である。
食べ方はこれしかないと言っても良いくらいだ。
もともとは水っぽい魚である。
水分を跳ばして旨みを凝縮させたほうが良い。
最近これを刺身で食べさせる店も多いが、刺身至上主義と言ったところか。
魚にはその魚の美味い食べ方があるとは思うのだが。

これまで、いろんな魚を食べてきたが、こんなに味の密度の濃い魚はいない。
しかも、脂があってもしつこくない。
これを肴に飲み出したら止まらない。

しかし、市販のカマスの干物は鮮度もよくない上、塩っぱくてダメだ。
血圧に悪い。
やはり自分で作るのに限る。
そして、今夜も飲みすぎるのである。
これはこれで肝臓に悪い。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-11-03 22:29 | 魚 (88)