ハナシコツノカクレエビ 葉山権太郎岩沖  Onycocaris oligodentata  Fujino & Miyake, 1969.

1
d0175710_109739.jpg
テナガエビ科(Palaemonidae)カクレエビ亜科 (Pontoniinae)コツノカクレエビ属(Onycocaris)に属するエビである。
どこの図鑑にも載っていないが、ちゃんと和名までついている。
マニアック中のマニアックな逸品だ。
ダイバーで見たことがある人は多分いないのではないか?
恐るべし、甲類酒席研究員の執念。

ダイバーやショップがあまりいかない場所の水深10mのカイメンについていた。
これはメス。

紫色のカイメンについて入るからかご覧の通り同色。
粉雪のような点々が綺麗だ。
ハナシってどう意味か研究員に聞くのを忘れていた。
鋏脚のトゲが何とかと言っていたような気もする。



2
d0175710_107445.jpg
これはオスに付いていた寄生性のコペポーダか。
白いボールみたいなヤツだ。
でかい。
これで、オスのエビちゃんの殖機能が失われたら、同性として同情しちゃう。
ちょっとボケだが。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-08-25 10:10 | 甲殻類 (61)

レイシガイ 産卵 葉山 権太郎岩 Thais bronni

あちこちの岩肌に付いている貝である。
北海道から九州にまで分布する。
磯や岩肌に生息していて、葉山でも普通に見られる。



1
d0175710_19481977.jpg
この貝、初夏にこのように産卵する。
ここは、権太郎岩の大きなホールの入り口である。
集団産卵。
散乱?
ハエの卵みたいで気持ち悪いが。



2
d0175710_19483284.jpg
この貝、海の掃除屋さんなのだ。
二枚貝などを襲って食べるが、死んだ魚などに、よくたかっている。
一度大瀬崎で、半死半生のタコに集団で群がっているところを見たことがある
猛攻撃だった。
この貝、みそ汁に入れたり茹でたりすると美味いらしい。
ほろ苦さと辛い部分があって、それが好きだという人もいるらしい。
しかし、どうも、”死んだ生き物を喰う貝を食う”というのは気持ちの良いものではない。
そういえば、僕の大好きな穴子、蝦蛄なども、土左衛門をはじめとした仏さんに群がる。
考えると食べられなくなる。
考えないで食べよう。



3
d0175710_19484198.jpg
卵。
ハエの卵のわりには綺麗だ。

沖縄だと、この仲間のシロレイシダマシはサンゴを食べ尽くしてしまうので、困っているそうな。
こっちの方は不味いそうである。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-08-18 20:02 | 貝 (40)

イソギンチャクの仲間2 葉山 権太郎右沖


葉山の海には、実に綺麗な生き物がたくさんいる。
小さくて見落としがちだが、写真で大きくするとこんなに美しかったのかと思うほどだ。
イソギンチャクの仲間も美しい。

1
d0175710_022717.jpg
これは、権太郎岩右沖水深17mの岩礁に付いていたものだ。
お正月に食べる木目羊羹を思わせるが何か引っかかっていた。
何かに似ている。
思い出せない。
こうなると気持ちの悪いもんだ。

で、たまたま、京都市動物園のマンドリルが天王寺動物園に移されるというニュースを見て思い出した。
これだ。
マンドリルの顔である。
熱帯雨林に生息するオナガザルの仲間だが、顔が派手なのだ。
また、オスの尻は青紫でチンチンは赤、袋は紫らしい。
どこまでも派手なヤツらだ。
偶然の一致とはいえ、奇妙なもんだ。
何?似てない?
[PR]

by 1colorbeach | 2012-08-13 00:25 | 刺胞動物 (25)

アカメフグ 葉山 権太郎岩 Takifugu chrysops (Hilgendorf,1879 )

1
d0175710_10264614.jpg
葉山の浅い藻場では普通に見かけるフグである。
以前、ヒガンフグも関東ではアカメフグと呼ばれていると書いた。
釣りブログなどを見ていると、大抵ヒガンフグがアカメフグと紹介されている。

これが掛け値なしのアカメフグだ。

このフグ、実に美味いらしい。
かつて、アジ釣りか何かの外道でこれを釣った。(ひょっとしたらヒガンフグだったかも。)
フグだから捨てようと思ったら、船頭が「美味いから持って帰れおー、身は平気だおー」と言う。
でも、家訓に「フグより美味いもんはあるのだから、わざわざ食べる必要はない」とある。
ところが、一緒に行った奴が、欲しいと言う。
身は無毒だが、何を間違って毒を食らうか分からないので、素人調理は危険だからやめろと言った。
風の便りでは、彼はまだ生きているらしい。



2
d0175710_1026593.jpg
この魚、葉山の浅瀬のカジメなどが生い茂る岩礁地帯を優雅に泳いでいる。
警戒心が薄く、ダイバーに平気で近づいてくる。
この点は、べラやカワハギなどと同じで、愛想のない石鯛(しかし、幼魚はきわめてフレンドリーで、海水浴などをしていると、近寄ってきては腹とか乳首とかをかじる。)や石垣鯛などとは違う。
房総半島から土佐湾にかけて分布する。
初夏に岸辺に集団で近寄り産卵するらしい。


3
d0175710_1027952.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2012-08-04 10:30 | 魚 (88)