トウヨウヤワラガニ 葉山オーバーハング Halicarcinus orientalis Sakai, 1932

1
d0175710_0361449.jpg

葉山のオーバーハングの転石の下に隠れていた。
地味なカニである。
もちろん日中は表には出てこない。
夜出歩き型。
何だろう?この親近感。
名前の如く、体は柔らかい。
僕はよくヤワイやつだと言われるが。
何だろう?この親近感。

普通、カニやエビなどの甲殻類は、お腹のところで卵を保護して、幼生として育ってから海に放出する。
これが俗にチンクイムシと呼ばれるゾエアである。
親とは似ても似つかないミジンコみたいな形をしている。
これが、メガロパを経て親になるのだ。
しかし、このヤワラガニの仲間は、ヘガロパ期を経ずにゾエアから直接親になる。
親と言っても稚ガニだが、やけに早熟なやつ。
これは僕には似ていない

2
d0175710_0363161.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2016-09-09 00:39 | 甲殻類 (61)