ベッコウヒカリウミウシ Plocamopherus imperialis Angas, 1864

1
d0175710_2227655.jpg

光るウミウシと言われている。
10万ボルトォ~
ピカチューではない。
そもそもそんな和名のウミウシはいない(通称はいると思われる。)。
見たことがないので、何とも言えないんだが。
名前の通り、べっ甲色で光る(らしい)んでベッコウヒカリウミウシ。
ピンクの突起物が発光器なのだ。

このウミウシは夜行性なのだが、昼間に僕は石を引っ繰り返して見つける。
惰眠をむさぼっている君には悪いことをした、許せ。
葉山ではナイトダイビングはできないので、出遇うのはいつも昼間だ。
このウミウシ、下が砂地の水深5~10mの石の下に隠れているのをよく見つける。
ぜひ、一度夜見てみたい。
ご覧の通り、これはかなり美人のベッコウヒカリウミウシ。
昼間で美人なら、夜はさぞかし…。




2
d0175710_2237613.jpg

ちなみにこういう地味なのもいる。
環境かな。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-08-22 22:38 | ウミウシ (58)