ホシササノハベラ 葉山 Pseudolabrus sieboldi Mabuchi and Nakabo, 1997

d0175710_22115277.jpg

海の中で、石を捲って生き物探しをしていると、隠れていたゴカイの仲間などの生き物を狙ってやたら寄ってくるのが、カワハギやベラの仲間だ。
ホンベラ、アカササノハベラとこのホシササノハベラは葉山には多い。
ウザくて海の中では小バエ扱いをしている。
シッシッと左手でこ奴らを追いながら、右手で石の下にいるヒラムシやウミウシの写真を撮る。
だから、僕の写真はブレが多いのだ。
と、言い訳してみた。
手があと二本欲しい。
便利だろうな。
風呂で頭と体をいっぺんに洗える。

でも、このホシササノハベラは綺麗だ。
薄桃色のベースに黄色の黄色の頭と鰭。
白の横縞と星屑のような背の斑紋。
名前はそこから来たのかな。

この子たちは、生まれたときはすべてメスである。
その中で強いやつがねオスに性転換してハーレムを作る。
羨ましい。
癖のない白身で、天ぷらにすると美味いらしい。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-07-28 22:03 | 魚 (88)