クサフグ 葉山 潮間帯

1
d0175710_22311722.jpg


5月、葉山の潮間帯にクサフグが舞う。
浅場で石を引っ繰り返していると、餌はないかと次から次へと寄ってくる。
夏の大潮の夕方、クサフグは波打ち際で集団産卵する。
そのために浅場に集まり始めているのであろうか。
雌たちが放卵し雄たちがそれに合わせ放精する。
誰が誰の子か分からなくなるではないか。
まあいいか。

クサフグは、北海道から沖縄まで幅広く分布する。
岩場にも砂地にも河口にもいる。
釣りをしていて必ず外道で来るのだ。
釣られると、ブーっと膨れる。
何処かの誰かである。
ただし、その姿を見て口の前に指をさして笑ってはいけない。
噛まれたらかなり痛い。
と、経験者は語る。

この魚、内臓と皮などに毒がある。
身には微毒があると言われているが、食べると美味しいそうだ。
でも、クサフグごときに当たって死んだら、末代まで笑われる。
舐めてはいけない。
食べてもいけない。




2
d0175710_22313822.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2016-06-18 22:36 | 魚 (89)