ウシエイ 葉山 エビ岩沖 

d0175710_22392768.jpg


葉山でダイビングで見られるエイは4種類と言われている。
僕が言っているだけだが。

多いのが、アカエイ、ヒラタエイ。
浅場によくいる。
でかいやつだと沖で見かけるツバクロエイ。
そして、でかいのだが、浅瀬にも時々いるウシエイ。

で、これが、葉山では浅くはないが、水深12mのエビ岩沖にいたウシエイ。

この日は、頭がボーッとしていて、210度でエビ岩に行くべきところを、なんと240度で進んでいた。
当然、行っても行ってもエビ岩はおろか知っている根に着かない。
透視度は、実は2~8m。
沖はかなり見えなかった。
何度か戻ったりぐるぐる回っている間に、知っている根に着いた。
で、こいつが砂地と岩場の間の大きな石に頭を突っ込んでいた。

エラが開け閉めされ、自然の息吹を感じるようでずっと見入っていた。
デカイ、尻尾まで2mはゆうに超えていた。
迷った結果出会えた幸運。
怪我の功名でした。

ちなみにDasyatis ushiei(Jordan and Hubbs)という「うしえい」がいるのだ、葉山で「ウシエイ」と呼ばれているエイのことを指しているのかは定かではない。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-05-20 22:44 | 魚 (89)