ハナミノカサゴ 葉山 権太郎岩沖 Pterois volitans

1
d0175710_21104468.jpg

ハナミノカサゴの若魚である。
葉山には、ミノカサゴはたくさんいるが、ハナミノカサゴは珍しい。
ミノカサゴと比べると目の上の皮弁が長いことや尾鰭に黒い斑紋があることなどから見分けがつく。
まあ、全体的に何となく分かる
テキトーだな。





2
d0175710_21154441.jpg

駿河湾以南、インド洋太平洋に分布するとのことだが、成魚は相模湾の伊豆海洋公園にもいる。
鰭の先端に毒があるらしいが、まだ刺されたことはない。
海の中で刺されたら、結構ショックでかいかな。
自然保護派と称するダイバーには嫌われるが、平気で何でも触っちゃうから反省せねば。
相手も平気ではないが。
フィッシュイーターで、フワーッと中層を中性浮力で漂っているが、獲物の小魚が来るとバクッと物凄い速さで、食いつく。
カエルアンコウもそうだが、トロイとかグズとか 日頃思っていても、いざという時のポテンシャルには凄いものがある。
人も見かけに寄らないので、気を付けないとね。





3
d0175710_2111275.jpg

沖縄北部の「ゴリラチョップ」で見かけたハナミノカサゴの成魚。
結構デブなんだよね。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-02-21 21:20 | 魚 (89)