センリョウウミウシ  Hoplodoris bifurcata (Baba, 1993)

鶴は千年 亀は万年
というが、千よりは万の方がありがたい。
特にお金にあっては、更にありがたみがある。
日本酒でも、千寿よりも万寿の方が円やかで美味い。
ただし、高い。

毎年冬、うちの庭に、赤い千両の実がたくさんなる。
ボワッという感じで沢山実が付くのである。
これ、切ってきて、正月の玄関や料理の飾りにとても良い。
一方、万両も咲くことは咲くが、実が葉の下になるし垂れるので、植物は、千両の方がいい。




1
d0175710_21302893.jpg

ウミウシにも、マンリョウとセンリョウがいる。
センリョウウミウシである。
褐色の体色、触角と二次鰓の間に赤っぽい色の帯があるのが特徴だ。
背面の突起は、マンリョウウミウシより小ぶり。
健康サンダルにするには、チト刺激が少ない。
小さい分千両か。

葉山の、海老岩に向かう水路で見つけた。
千両役者とは言うが、万両役者とは言わない。
しかし、役者にしては絵にならんなあ。
[PR]

by 1colorbeach | 2016-02-17 21:32 | ウミウシ (58)