オノミチサンゴ3 すり鉢沖の大岩のてっぺん

1
d0175710_20131482.jpg



超久々の更新です。
庭いじりとダイビングと仕事と介護とで忙しく、なかなかパソコンに向かう気がしませんでした。
で、そろそろ高値で落ち着いてきたので。

再スタートはオノミチサンゴから。
葉山には、僕が知る限りオノミチサンゴが6か所にある。
もっとあるのかも知れないが、これ以上知っている人には会ったことはない。

これまで、2か所ご紹介した。
一つ目は、海老岩のちょっと先の岩についている枝ぶりのいいやつ。
これはポリプが開くと見事だ。
二つ目は、すり鉢と呼んでいる権太郎岩沖側のドームのような岩に囲まれた場所の真沖。
岩と砂地が点在する水深17mのところの背の低い岩影にポツンとある。

本日ご紹介する三つ目は、これもすり鉢沖の、さらに左沖に行った大岩の上部に付いている。
我々は、てっぺんサンゴと呼んでいる。
この辺まで来ると随分と来たような気がするし、ボートポイントだな。
通常ダイビングショップは行かない、水深18mにそそり立つ大岩。
その上の方の水深12mに付く、オノミチサンゴだ。

ひっそりとして静かな異空間の中で、今日もこの子たちの息遣いが聞こえてくるような気がする。
[PR]

by 1colorbeach | 2015-10-10 20:20 | 刺胞動物 (25)