イトマキヒトデとヤツデヒトデ 葉山 浅瀬

イートーマキマキ♪イートーマキマキ♪っていう歌があった。
子供の頃よく歌った記憶があるし、実際母親が毛糸を巻くのに腕を貸せとも言われた。
イトマキヒトデに出会うたびに、この歌が頭の中を駆け巡る。
足の切れ込みの浅い、丸い星型のヒトデだ。
葉山のみならず日本のどこの海岸でも見られるヒトデの代表だ。



1
d0175710_22544327.jpg

紫色っぽいものに覆いかぶさっている、画面右にいるのはヤツデヒトデ。
読んで字の如し、8本の腕のあるやつが基本形だ。
7~10本のもあり、マチマチである。
真中から2つに分裂して4本ずつの足で2個体になるという面白いヒトデなのだ。
それが喰っている紫色のものは、アメフラシ。
そこへ、さらに覆いかぶさるように、イトマキヒトデが参入してきた。
って、波の影響でめくれただけなのだが。




2
d0175710_22551117.jpg

いやー、ヒトデは悪食だが、アメフラシを襲って食べるんだなあと納得。
昭和天皇もアメフラシを煮付けで食べたらしいから、悪食とは言えないかもしれない。
しかも、イトマキヒトデは横取りだ。
アメフラシならあちこちにいるのに、わざわざ他人のモンを食うこともなかろうに。
確かに、ここまで死んでいれば動かないし食べやすいのかもしれない。
ちょっとした生態観察となった。
オシッコしたいのを忘れさせる水深50cmの浅場での出来事だ。
[PR]

by 1colorbeach | 2014-02-16 22:56 | その他の葉山の海の生き物 (46)