ケブカアワツブガニ 葉山 浅瀬  Gaillardiellus orientalis (Odhner,1925)

1
d0175710_20502221.jpg


葉山の浅瀬、砂混じりの転石の裏にこの子たちは潜んでいる。
相模湾より南の、潮間帯より以深に生息する。
葉山では、エントリー口から権太郎岩の間のゴロタに多い。
しかし、この間は生き物の宝庫なのに、葉山ダイビングなんちゃら協会が自主規制していて、原則潜れない。
漁師の船が通るからだという。
水面移動の方がよっぽど危ないではないか。
このカニ、体色は、赤から褐色。
体の形は、甲は扇形。
特徴的なのは、体全体に粟粒状のツブツブがあり、束になったような毛で覆われている。



2
d0175710_20514318.jpg


これは褐色。
大抵、密集した毛にデトリタスのようなものがくっついていて汚い感じだ。
しかし、前から見ると眼が可愛い。
額の中央に切れ込みがあり、甲、鋏脚、歩脚が毛でおおわれている。
アンバランス。
甲高30mm。


d0175710_20515379.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2014-02-01 20:55 | 甲殻類 (61)