フタスジウミケムシ 葉山・権太郎岩 

1
d0175710_938056.jpg


石を引っくり返していると、あわてて砂の中や石の裏に移動しようとする生き物がいる。
当たり前だ。
昼間は、石の下で惰眠をむさぼっていたところを、突然ガバッとやられては誰でも驚く。
ウミケムシもその一人である。
一人か。
実に綺麗で勇壮な姿だと思う。
しかし、ダイバーは大体コレが嫌いだ。
女の子は見せると必ず後ずさる。




2
d0175710_938819.jpg


ウミケムシは、ゴカイの仲間の多毛類に属する。
ご覧の通り、体の側面に見事なタテガミのような毛を生やしている。
しかし、この毛が曲者なのだ。
実は、これ毒針で、触れると刺される。
とても痛痒い。

でも、僕はコレ好きで、見つけると指し棒でヒョイと浮かせて泳がせる。
毛をヒラヒラと躍動させ、体をたわませて泳ぐ様は、なかなか見ものだ。
本州中部以南に分布する。
釣りの外道でも時々掛るそうな。
肉食なのである。




3
d0175710_9382119.jpg


コレは、大瀬崎で見つけたフタスジウミケムシ。
綺麗で好きなのだが、賛同してくれた人はまだいない。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-12-23 09:39 | その他の葉山の海の生き物 (46)