トゲトゲツノヤドカリ 葉山 砂地

1
d0175710_2345151.jpg


変な名前である。
トゲトゲツノヤドカリだと。
トゲツノヤドカリという、鋏脚にイソギンチャクを付けているヤドカリもいるので、ややこしい。
トゲトゲしてるとかしてないとかの違いではなさそうだ。

このヤドカリ、左の鋏脚が大きく、体色は全体に白っぽい。
第一触角に黒のラインがあり、第二触角は鳥の羽のようになっている。
特徴は、お目眼を支えている棒のような部分の下の方に、黒い点があること。
泣きボクロと言われているやつだ。
浅場の砂地に棲息し、僕が見かけるのも、170度の根周辺水深10mの砂地や権太郎岩手前の水深5mの砂地辺りだ。



2
d0175710_2345261.jpg


これは浅場で見つけたお子様。
きょとんとした感じで可愛い。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-10-26 23:46 | 甲殻類 (61)