コブダイ (幼魚) 葉山権太郎岩沖 Semicossyphus reticulatus (Valenciennes, 1839)

1
d0175710_21171627.jpg


コブダイは、べラの仲間で、生まれたときはみんなメス。
だいたい50センチを超えると、頭に大きな瘤が出来てオスに性転換する。
4字熟語のようだが、雌性先熟( しせいせんじゅく)といって、メスとして大人になって繁殖に励んだ後、オスに性転換して今度はオスとして繁殖を楽しむのである。
一粒で二度おいしい人生だ。
出来るものならやってみたい。
オスは、縄張りを持ち、メスを呼び寄せハーレムをつくる。
この瘤の立派さによって、メスを呼び寄せる効果が違うのだろうか。

写真の魚は、そのコブダイの幼魚である。

親に似ても似つかない。
葉山の権太楼岩の沖合、水深17mの岩礁帯を泳いでいた。
結構葉山では珍しい。
この魚日本海は佐渡島以南、太平洋岸は沖縄県を除く本州以南に分布する。
親は葉山では見かけないが、小田原などでは水揚げされているようだ。
伊豆海洋公園でのダイビングでは、よく見かける。

食いしん坊的には、旬は冬で、その時期は、かなり美味しいらしい。
白身で、刺身・焼く・煮る何でもござれだそうだ。
一度は、喰ってみたい。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-09-02 21:22 | 魚 (89)