スガイ 葉山 潮間帯 Turbo (Lunella) coreensis (Récluz, 1853)

1
d0175710_20274611.jpg

葉山の浅瀬は、広くてゴツゴツしていて、移動するには難所である。
多分、60歳過ぎてもここで潜れるのか不安である。
リゾート殿様ダイビングに早く移行したいのう。
金がない。
オシッコを我慢したエグジットでは、ものすごく遠く感じる。
しかし、心と膀胱に余裕があればこんなに楽しい所はない。
生き物の宝庫なのだ。
で、のんびりとエントリー口にシュノーケルで向かっていると、マリモがあった。
ちょっと待て、阿寒湖?
いや、ここは海ではないか。



2
d0175710_2028015.jpg

どうやら巻貝である。
スガイという。
菅井さんではない。
酢をたらすと蓋が動くからだそうで、酢貝。
だれが酢なんてたらしたのか。
変った事をするものだ。
普通やらないだろう。

で、マリモかと思ったのは海藻で、 カイゴロモ(Cladophora conchopheria  Sakai)という。
この藻、スガイの殻以外には棲息しないそうで、なんとも不思議だ。
スガイは、北海道以南に生息する。
三浦では、「上げ潮玉」と呼ばれるそうな。

このスガイ、サザエの仲間なので、茹でたり煮たりすると実に美味いそうだ。
葉山にはごろごろといるので、今晩の酒の肴ゲットと行きたいが、物取りダイバーだと思われるのも癪だし、タンクを置いてもう一度戻るのも面倒だし、逡巡しているところである。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-07-21 20:29 | 貝 (40)