イソギンチャク 3 葉山権太郎岩沖の砂地


1
d0175710_2117584.jpg


葉山の沖をのんびりと泳いでいた。
何者かにじっと見つめられている気配がした。
海の中で、時々そういうことがある。
ある時は、カワハギにじっと見つめられていたり、ある時はガンガゼだったりした。
また、ある時は何もいなかった。
恐ろしいことじゃ。
で、本日は振り返るとこの子だった。
かなり特異な意匠だ。




2
d0175710_2118189.jpg


イソギンチャクの仲間ではあるが、名前は解らない。
図鑑を見てもさっぱり何が何だか解らない。
ホントは体の内部の構造や触手の数だのちゃんと見ないといけない。
僕は見ても絶対判らない。
イソギンチャクの仲間は、世界に800種類くらいいると言われている。
日本にはその内の50種類くらいと言われているが、まだまだ名前のついていない種がたくさんいる。
これは、初めて見たイソギンチャクだ。
ゆっくりと潮は動いているのだが、それに合わせて触手を揺るがせ、浮遊物を口に運んでいる。
その姿がしなやかで美しく、ずっと見入ってしまった。
イソギンチャク、美しくて魅力的な、大好きな生き物だ。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-06-10 21:20 | 刺胞動物 (25)