ヨコエビの仲間 2 葉山 権太郎岩

1
d0175710_18571975.jpg


葉山で、石を引っくり返していてスポンジボブならぬ海綿らしきものを見つけた。
よく見ると、その海綿らしきものの上に何かついている。
2mmくらいの大きさだ。
海の中では、何か、青っぽい模様があるなあ、という程度にしか見えなかったが、写真を見て驚いた。
なんと綺麗ではないか。
ヨコエビである。
たぶんスベヨコエビの仲間。
僕のコンデジでは、この程度の写真しか撮れない。
腕ではないと信じているが…。



2
d0175710_18573113.jpg


以前にもご紹介したが、ヨコエビは、甲殻亜門・軟甲綱・端脚目(ヨコエビ目)・ヨコエビ亜目に属する甲殻類をいう。
くどいようだが、僕は短脚目に属している。
ヨコエビは、平たくて、このように半円形をしているのが特徴だ。
海の中では、有機物の分解をしたり、他の生き物の餌となるなど、大変貢献している。

石を引っくり返すと、まず四方八方に高速で逃げ回るのが、この子たちとコシオリエビ だ。

マクロをやっていると、最後に行きつくのはヨコエビだと言う人がいる。
確かにその域に近づいたかもしれない。
オタクだ。

ちなみに大瀬崎の「海の案内人ちびすけ」の「かわちゃん」と話していて、この色・形のヨコエビの話になった。
彼も、大瀬崎で見慣れないヨコエビを見つけて気になっていたらしい。
偶然とはいえ、葉山と大瀬崎の同じヨコエビ。
奇遇な話だ。

[PR]

by 1colorbeach | 2013-04-29 19:00 | 甲殻類 (61)