カモンダカラ 葉山・オーバーハング  Erosaria helvola helvola (Linnaeus, 1758)

1
d0175710_162559.jpg


オーバーハングでウミウシを探していた。
その時、綺麗なタカラガイを見つけた。
おーっ、あんまり見たことがないヤツだ。
だいたい僕の人生こんなもんだ。
お目当てのモノは大抵見つからないが、そうでもないモノはスグ見つかる。
綺麗なら、まあいいか。

陸に上がって図鑑で確認したら、カモンダカラ。
花紋宝。
家紋宝ではない。
ご覧のとおり鼈甲色のベースに、花弁のような白斑が散りばめられている。
コントラストが実にいい。



2
d0175710_16252877.jpg


裏面も歯並びよろしく美しい。
花紋というが、裏地も、実に美しい。
家紋だと、やや重苦しい。
背負わなくてもいい物まで背負いそうだ。

このタカラガイは、千葉以南の潮間帯から水深20mの岩礁に棲むという。
これは20mmくらいだ。
外套膜は、モジャモジャな海藻のようで、被っていたら見つからなかったろうな。



d0175710_16445577.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2013-03-10 16:31 | 貝 (40)