クビナシアケウス 葉山・権太楼岩 Chalaroachaeus curvipes De Man, 1902

クビナシアケウスは、クモガニの仲間である。
クモガニの仲間は、もともと擬装上手で、海藻、海綿、ヒドロ虫、コケムシなどで体をカモフラージュさせている。
葉山の権太楼岩の岩壁を移動中であった。


1
d0175710_1823015.jpg
ご覧の通り、ゴミか何かである。
動かなければ絶対に見つからない。
付けているのはコケムシだ。
ご覧の通り、ウミシダに似ており、それに擬態しているという論文を読んだが、結論は出ていないようだ。

このカニ、八丈島から南に分布しており、僕もかつて慶良間でお目にかかったことがある。
ガレ場で死サンゴ捲りをしてウミウシを探していて見つけた。
まさか、葉山で出遭えるとは思わなかった。


2
d0175710_1823981.jpg
この角度だと何とかカニらしく見えるかもしれない。
[PR]

by 1colorbeach | 2013-02-16 18:04 | 甲殻類 (61)