クリアクリーナーシュリンプ 葉山 権太郎岩沖 Urocaridella antonbrunii

1
d0175710_843697.jpg
こんなのいるんだねえ。
と感激。
葉山沖10mの大きめな岩礁。
そこには、いつも群れが漂い、ウツボが休む。
岩交じりの砂地と岩の窪みの間を覗いてみた。
おっ、エビがいる。
しかも4~5尾。
透明感がある。
まさか、クリアクリーナーではないだろうと思ったが、そのようだ。
9月の葉山の海のちょっとしたトピックスだ。



2
d0175710_8431426.jpg
クリアクリーナーシュリンプは、和名がまだない。
この属のエビは、研究が進んでいないらしく、学名”Urocaridellaの一種”が多い。
でも、ダイバーの間では、同属のベンテンコモンエビなどよりもはるかに有名だ。
分布は、伊豆半島以南からオーストラリア北部に至る。
サンゴ礁などで魚の寄生虫などをクリーニングしている。



3
d0175710_8432560.jpg
この通り、実に分かりにくい。
伊豆半島では、夏から秋にかけて現れるそうだ。
真鶴でも見かけたという話は聞いている。

その後、何度もここを覗いているが出会えない。
たまたま、この日はひどく濁っていたので穴の奥から出てきたものと思われる。
ナイトだったらパラダイスだと思うのだが。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-10-27 08:45 | 甲殻類 (61)