ハヤマコツノカクレエビ 葉山・権太郎岩 Onycocaris hayamaensis Komai & Itou, 2012

1
d0175710_10105456.jpg
このたび、葉山の海で見つかった新種のエビだ。
しかも、「葉山」という地名を冠している。
学名 Onycocaris hayamaensisだ。
ハヤマエンシスだと。
和名も、ハヤマコツノカクレエビ。
すごく嬉しいな。
以前ご紹介した、ハナシコツノカクレエビ Onycocaris oligodentata Fujino & Miyake, 1969 と同じ テナガエビ科(Palaemonidae)カクレエビ亜科 (Pontoniinae)コツノカクレエビ属(Onycocaris)に属するエビの新種である。
これはメスで抱卵している。


2
d0175710_1011379.jpg
これはオス。
エビのオスって、大抵メスより小っちゃい。
これ、葉山の浅瀬のカイメンの穴の中に棲んでいる。
生態は全く不明。
インドから太平洋に分布するオニコカリス18種に新たな種が加わった。
ちなみに、一般的にカイメンは属まで判れば良い方で、この宿主のカイメンは名無しさんであるようだ。

まだまだ、いろんなものが潜んでいると思われる葉山の海。
これだから止められない。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-09-30 10:16 | 甲殻類 (61)