イソウミウシ 葉山 権太郎岩 Rostanga orientalis Rudman&Avem,1989

権太郎岩の周りの水深8m。
石をひっくり返していたら、5mmくらいのオレンジ色をした海綿らしきものを見つけた。
いつもの僕ならそれで終わっていた。
しかし、今日の僕は手強かった。


1
d0175710_21501050.jpg
なぜなら、透視度が悪かったためマクロ対応ということで、近眼の度の入っていない水中マスクを使用していたのだ。
したがって、老眼にも小さいものがよく見える。
で、触角が見えたのだ。
ウミウシだ。
そのかわり、地形や群れなどは透視度が悪い中さらに霞んで見えた。

イソウミウシか。
だいたい形は楕円形で、背面は微細な繊毛で覆われているそうな。
体色は、緋色か橙で、暗褐色の斑紋がある。

この分だと石の裏のウミウシを相当見過ごしているのは間違いない。



2
d0175710_21502576.jpg
老眼オヤジダイバーが、ウミウシと間違えた一例。
大きさは3~4mmくらい。
都合よく海草が触角のように付いている。
時々こういうのに引っ掛かる。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-07-07 22:03 | ウミウシ (57)