ダンゴウオ 3  葉山 権太郎岩

また、ダンゴウオかよ、とお嘆きのあなた。
お前ダンゴ興味ないんじゃないの?と非難するあなた。
どうでもいいと思っているあなた。
ごもっともです。
お許しください。



1
d0175710_10224899.jpg
以前、今年最初で最後のダンゴの話をした。
はずだった。
ところが、その後、1ダイブで4個体も見つけてしまったのである。
それも探していたわけではなく、偶然にだ。
なかなか可愛いと思うようになったのは情が移ったのか。


2
d0175710_1022561.jpg
これは紫ダンゴ。
なんだこりゃ。
紅いもタルトの出来損ないではないか。
あれ、大好きなんだよな。
御菓子御殿が恋しい。
これ、フワフワフワ~っと泳いでいたのだ。
音もなく、移動して着底した。
かなりの忍術の使い手であるのは間違いない。



3
d0175710_1023574.jpg
なんだこりゃ。
石である。
いや。小石にたかっていた岩型のダンゴである。
この魚、面白い。
通常エツキイワノカワという海藻に付いているのは、赤っぽくて丸まっちい。
ただ、成長するにつれ、水温が上がるにつれ、どんどん沖に向かう途中の石の下などで休んでいるやつはこんな感じだ。
水深10mで見つけたもの。
アヒルの足のような吸盤型の腹ビレが可愛い。

ダンゴウオの生態ってよく解っていないらしい。
が、葉山で見聞きした限りではこんな感じ。
毎年冬に交接か産卵かで、浅場に寄る。
年明けの厳冬の大潮の夜の磯でごつい成魚が見られる。
その後、2月初め頃からその年に生まれた天使の輪のついた細かいのが、浅場のエツキイワノカワで見つかりだす。
そして、2~4月はダンゴフィーバー。
5月頃まで続き、月末には沖に移動する。
といった感じか。

今年は、沖に旅立つ10mmくらいに成長したダンゴたちにたくさん会えて良かった。
また、来年会おうね。

4
d0175710_10231960.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2012-06-23 10:30 | 魚 (89)