ニシキハゼ Pterogobius virgo (Temminck and Schlegel,1845 ).

葉山の沖には、ニシキハゼが多い。
岩と砂の境に穴を掘って巣を作っている。
人の姿を見ると出たり入ったりしながら様子を伺う。



画像
d0175710_23203372.jpg

ご覧のとおりニシキを名乗るだけあって美しいハゼだ。
ヒレを立てて泳ぐ。
ヒレの蛍光ブルーも艶やかだ。
朱色の縦じまを縁取る蛍光ブルー。
刺青を入れたような顔。
宗教的な荘厳ささえ感じる。





画像
d0175710_23205383.jpg

しかし、顔のアップはオバQである。
何が、宗教的な荘厳さだ。
美しさとコミカルさ、好きなハゼだが、よく見るとそんなに品はないかもしれない。

この魚は、日本の南岸から九州・韓国南岸に分布する。
葉山では、だいたい水深14mくらいの岩礁交じりの砂地で見られる。
大きさは、だいたい15cm程度。
底生成物を捕食する。
幼魚のときは最初横じまで、成長するに従って縦じまに変る。
珍しいパターンだ。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-03-08 23:24 | 魚 (88)