トガリアヤメケボリ 葉山・権太郎岩 Primovula (Cuspivolva) cuspis(Cate,1973)

d0175710_10224063.jpg

葉山の水深7mのヤギにいつも付いている貝があった。
また、沖の水深14mのヤギでも同様のものを見つけた。
シュスヅツミに似ているなあと思っていた。
でも、シュスヅツミにしては、ずんぐりしているし殻のふくらみの部分がお尻(後管溝)の方に盛り上がっている。
で、愛読書である「ウミウサギ 生きている海のジュエリー」(誠文堂新光社)で調べてみた。
トガリアヤメケボリである。
尖っていないアヤメケボリもいるのでややこしい。


d0175710_1023076.jpg

殻高10mm程度の、トサカに付くウミウサギガイの仲間である。
割と殻が厚く形はひし形に近い。
殻の透ける軟体に黒の斑点と白い小さな突起が全面にある。
分布は三浦半島以南。
けっこう本州南岸の浅海で普通に見られるらしく、貝殻は海岸にもよく打ち上げられているそうだ。

ウミウサギガイ、結構葉山にはたくさんいて嬉しい。
まだまだ出てくると思うので、毎年何に遭えるのか楽しみである。
まったく、もっともっと人気が出ても良いとおもう生き物なのだが。
と、尖ってはいけない。



d0175710_10231890.jpg
ちなみに、シュスヅツミはこれ。
全然違うじゃん。
僕の眼力なんてこんなもんだ。
[PR]

by 1colorbeach | 2012-02-25 10:32 | 貝 (40)