ヒラムシ 2 (紫・白・茶など) 葉山 権太郎岩沖

石をひっくり返していると色々な生き物に出遭う。
そもそも彼らにとっては無粋な訪問者に出遭いたくないために石の下にいるわけで、いい迷惑である。

葉山の石の下でよく見つかる生き物にヒラムシがいる。
ヒラムシは、扁形動物門に属する。 
仲間には、
最近は飼っている人がほとんどいないサナダムシ、
キタキツネなどを通して人に感染するエキノコックス、
時折大物が出てお騒がせとなる鉈頭のコウガイビル、
切っても切ってもそれぞれが再生する人類の夢のような生き物プラナリア
など個性豊かな面々が揃っている。


1
d0175710_11383773.jpg
これヒラムシだ。
水深10mの石の下に張り付いていた。
地味な色合いで最初は気が付かなかったが、光を当てるとこの通り。
ヒラムシは、ウミウシとは分類上まったく遠い生き物なのだが、よく似る種類も多い。
時に、彼らは確固たる意思を持ってウミウシに擬態しているのではないかとも思ってしまうくらいだ。
色々な説はあるが、毒のあるウミウシに擬態することによって、魚などの捕食者から身を守っているとも言われている。
偶然なのか、あるいはもしそうなら、どうやってウミウシの存在を感知しているのかも不思議だ。



2
d0175710_11384867.jpg
いろんなタイプのヒラムシがいるが、これはブツブツ系。
僕に見つかり、体をくねらせ動き出そうとしている。
しっかり、触覚だか擬触覚だかを急遽作っている。
彼は間違いなく意思を持っていると思う。
気持ち悪いか綺麗かはそれぞれの判断はあるが、なかなか見栄えもする。

僕は、これがマドレラ・フェルギノサというウミウシに擬態していると主張している。
友人たちは考え過ぎだという。
マドレラ・フェルギノサはこれ↓
いかがでしょうか?

3
d0175710_1139435.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2012-01-28 11:51 | その他の葉山の海の生き物 (46)