トックリガンガゼモドキ 葉山 権太郎岩 Echinothrix calamaris (Pallas, 1774)

海の中で一番嫌いな生き物は何か?と聞かれたら、僕は間違いなく「ガンガゼ」と答える。
二番目はダイバーである。
僕のように泳がないで底を這うダイバーにとっては、石の下や間、岩のくぼみなどに群棲するガンガゼは天敵である。
毒があり、これに刺されるとかなり痛い。
何度、ドライやウエットの上から腿や膝を刺されたことやら…。
僕の物忘れの酷さはガンガゼの毒のせいだとも思っている。
で、トックリガンガゼモドキも、ウニの仲間であるガンガゼ科に属する棘皮動物だ。
彼らには罪はないが。



d0175710_0214429.jpg

真っ黒でギラギラしたガンガゼとは違って上品ともいえる装いだ。
ガンガゼの棘は長い針のようだが、こちらは細い棘だけではなく、パイプのように太いものもある。
太い棘は、上品な茶色というか鶯色というか縞模様がある。
オブジェとして飾っておきたいとも思うが、細い棘の方には毒がある。

今はクラブって言うのか…昔のディスコにあったミラーボールも特徴的だ。
EW&FやBee Geesの世界だった。
たまに、Zeppelinとかもかかっていたなあ。

このミラーボール、天井に飾っておきたいとも思うが、実は肛門である。
要は脱肛しているのだ。
戻してあげたいが、刺されるといけないのでまだやっていない。

房総半島以南に生息すると言われているが数は少なく、暖海性で珊瑚礁域ではよく見かける。
葉山では珍しい。
冬を越すことはできるのだろうか。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-12-26 00:26 | その他の葉山の海の生き物 (46)