イシダタミヤドカリ 本日の葉山 Dardanus crassimanus (H. Milne Edwards, 1836)

凄い台風が去って、やっと潜れることとなった。
多分、透視度は悪いだろうが、北風が吹くので海況は悪くないだろうと、出かけてみた。
森戸海岸の道路から見た海は凪、真名瀬のトイレから見た海は案の定ニゴニゴだった。
そして、芝崎の岸壁から見た海も濁っている。
権太郎岩に向かって泳ぎだし、潜行した。

岩はアチコチで割れているし、砂があったところにゴロタがあり、ゴロタがあったところは砂地になり、カイメンはブッ千切れている。
凄かったんだなあと今更ながら思う。

こういう中で、ガイドロープは、エントリー側は一部切れているが、今回の大波にもちゃんと耐えてつながっていた。
整備をしてくれる皆さんに感謝したい。
皆さんに尻を向けて寝ていたので反省している。

権太郎岩手前は、若干のウネリはあるものの4~5mは見えていた。
群れも、スズメダイ、ボラ、タナゴ、カタクチイワシなどソコソコ通り過ぎてくれる。
しかし、沖に向かえば向かうほど透視度は悪くなる。
僕がお気に入りのゴロタと砂場の混じった一帯は、1m。
こりゃひどい。
でも、そんな中で今日はこの子達をけっこう見かけた。



d0175710_0181591.jpg

イシダタミヤドカリ。
ちょうどこれは、狭くなった貝殻を背負っている上のヤツが、下のヤツの貝殻を奪おうとして喧嘩しているところのようだ。
手篭にしているようにも見えるが。
面白いのでしばらく眺めていた。

このヤドカリは、葉山では極々普通種。
サザエやボウシユウボラなどを背負う大型のヤドカリだ。
名前は、左の第2歩脚の前節が石畳のようになっていることから来ているらしい。

この状態の中、2本目も行ってしまった。
2本目は190度の根に行ったのだが、果たしてニゴニゴであった。
でも、暗くて静かでなかなか雰囲気のあるダイビングができたかなあと思っている。
濁りもまた良し。

d0175710_8201796.jpg

[PR]

by 1colorbeach | 2011-09-24 00:30 | 甲殻類 (61)