ルリメイシガキスズメダイ 伊豆海洋公園(IOP) 一番 

数年ぶりにIOPで潜ってきた。
ここは、まだビギナーだった頃、ガンガン泳がされた海だ。
カメラを流したとか、二日酔いで海の中で吐いたとか(良い子は絶対にやってはいけません。)、サンカクでロストされたとか、ろくな思い出がない。
その頃、2番くらいからでも、片足フィンで楽に帰って来れたものだった。
要は、もう片っぽは足がつっていたからなのである。
今はすっかり匍匐(ほふく)ダイバーに成り下がってしまい、最初から最後まで底を這っている。
そのうち、海の中でも、寝たきりになる可能性が高い。



d0175710_2320978.jpg

この日の二本目、砂地から一番をゆっくり上った。
ちょうど一番の南側、仲間がクマノミなんぞ可愛く撮影していた時だった。
離れてフラフラしていたら、見慣れぬ幼魚がいたので、一応証拠写真を撮った。
ご覧の通り、愛がないので後方を向いている。

陸に揚がってから、知り合いのガイドさんとバッタリ遭って、「ルリメイシガキスズメダイが出ているらしいけど見つけた?」と聞かれた。
「そんな魚知らないでつ」と答えた。
一時いなくなって、IOP中のガイドたちが必死になって探していたらしい。

実は、IOP初登場みたいだ。
分布は、小笠原や沖縄以南で、向こうでも割と珍しい魚であるらしい。
目が瑠璃色の死滅回遊魚である。
家に帰って何気に調べてみたら、何とやる気なく撮った一枚だけのサンプル写真の正体であったのだ。
まじめに撮っておけば良かった。



d0175710_23202546.jpg

陸では、やけに人馴れしたタイワンリスと出遭った。
鎌倉や葉山などでよく見かけるが、東伊豆にも勢力を拡大していたのね。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-09-13 23:23 | 伊豆・伊豆諸島の生き物 (5)