キノコギンチャク 葉山 権太郎岩沖 砂地 Anemonactis mazelii sensu Uchida

画像
d0175710_20514545.jpg
このイソギンチャクを初めて見た時に思ったことは、ドラエモンの手だった。
グーしか出せないあれである。
正しく、本体は砂の中に埋まっていてグーの触手だけを出していたのだ。
奇妙な生き物だ。
このイソギンチャク、触手は20本あるそうで、ご覧のとおり先端は頂球となっている。
外側の触手が長く内側は短い。
これは、権太郎岩左沖の水深11mにいた個体。


画像
d0175710_20515793.jpg
本州中部の水深10m付近の砂泥底に棲む。
葉山では割とあちこちで見ることができる。
これは、権太郎岩右沖水深17mにいた個体。
このように潜んでいて、通りかかったハゼなどを狙っているのだろうか。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-09-03 20:53 | 刺胞動物 (25)