コモンウミウシ 葉山 権太郎岩 Chromodoris aureopurpurea Collingwood, 1881

白のベースに薄紫の紋の縁取り。
触覚と二次鰓も薄紫。
そして、背を覆う黄色い小紋。



画像
d0175710_2171466.jpg
綺麗なウミウシである。
また、この子はプックリとしていて実に可愛い。
でも、その割りにこのウミウシ人気はない。
普通に結構沢山見かけるからである。
で、Common ウミウシ…という訳ではない。
プックリはウミウシでもヒトでも好みはあるが僕は好き。
森三中はギリギリ限度の外か。



画像
d0175710_212583.jpg
葉山では、わりと水深の浅いところから深いところまでまんべんなく見つかる。
これは、だいたい大きさ20mmくらい。
ただ、見つけようとしても簡単に見つかるわけではなく、ある時はやたらと見かけることもあるし、まったくいないこともある。
だいたい探そうと思って探していないが、何気に岩の壁面で見かけることが多い。



画像
d0175710_2121753.jpg
これはお子様。
5mmないかも。
僕のコンデジの限界か。
色合いが落ち着いていて、親よりも子供の方が大人っぽい気がする。
なんと石の下にいた。



画像
d0175710_2145974.jpg
ヒトエカンザシとのツーショット。
かなり必死で、ファイト一発みたいだ。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-07-17 21:09 | ウミウシ (58)