ミノカサゴ 葉山 権太郎岩沖  Pterois lunulata 

生き物の中には「危険」と言われるものが少なくない。
噛む、毒を持つ、刺す、火炎を吐く、など多様な戦力を保持している。
が、大抵は、国権の発動たる武力による威嚇又は武力の行使を積極的にするのではなく、防衛手段としてこれら戦力を保持している。

僕も「あなたって危険な男ね」とよく言われるが、人に自慢できるほどの武力は持ち合わせていない。



画像
d0175710_23344714.jpg
ミノカサゴは、大きな胸鰭を広げて、優雅に水中を漂っている。
英名は「lionfish」といい、その鰭は、さながらライオンのたてがみを髣髴させ、実に美しい。
しかし、この魚の背鰭などに毒があるのだ。
どのような毒の種類なのだか、まだよくわかっていないようだが、刺されるとひどく痛み、死にはしないが眩暈や吐き気をもよおすそうだ。
確かに、ライオンにそこらで出遭えば眩暈くらいはする。



画像
d0175710_23351090.jpg
しかも、こいつら、始末の悪いことにダイバーが近づいても逃げないし、よく後をついてくる。
ふと振り返ると、すぐ肩の辺りにいた、なんていうことは二度三度ではない。
しかも、下手に追い払ったりしようものなら、攻撃に転じてくる。
己の戦力によほどの自信があるのだ。
わーっ、綺麗、わーっ、可愛い、などと絶対に近寄ってはいけない。
でも、相手が近寄ってくるこの恐怖。
筆舌しがたいが、書いてしまった。



画像
d0175710_23353690.jpg
これは、若魚。
スマートで精悍で色合いも薄く上品で綺麗だ。
葉山の沖では、この若魚を良く見かける。
普通種だが、遇えるとそれなりに嬉しい。



画像
d0175710_23355997.jpg
ちなみに、西伊豆でこれの唐揚げを食べたが、実に美味しかったぞ。
ざまみろ。
でも綺麗だな。
[PR]

by 1colorbeach | 2011-06-12 23:38 | 魚 (88)